MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

住宅ローン完済ができないので、不動産を売却したいとき【府中市の不動産屋さん】

何かしらの理由で、不動産を売却したい方はたくさんいらっしゃいます。
前向きな理由の方もいれば後ろ向きな方もいらっしゃいます。

仲の良い親子

後ろ向きの代表格にあるのが、住宅ローンの返済ができないために家を売却したいというものです。

例えば、住宅ローンの返済内訳が
元金3000万円
利息300万円
合計3300万円 
(注:その他諸費用は説明を簡単にするため割愛しております。)

3000万円以上で売れれば

元金3000万円を一括返済(繰上返済)すれば、利息300万円はチャラになります。
銀行は貸した元金を返済すれば抵当権抹消に承諾してくれますから、所有権を新しい所有者へ移転することが可能になります。

喜ぶ営業マン

(※抵当権とは、銀行が競売等でその不動産を売却し住宅ローン返済をしてもらう権利のことです。)

(※利息とは、お金を貸した期間に応じて手数料をいただきます、というものです。)

(※繰上返済をすると、お金を借りている期間が消滅するので、その分の利息を払う必要が無くなります。)

ローン返済額に満たない金額でしか売れないとき

お家の売却価格が2800万円だと200万円の返済が足りません。
ローンを全額完済ができないので、銀行に抵当権抹消をしてもらうことはできませんから、実務では安全を考慮するため家の売却はできないのです。

青ざめる営業マン

とはいえ、家を売却をしなければ住宅ローンが払えないので、
住宅ローン未払い200万円を残した状態で銀行に承諾を得て家を売却する方法があります。
それが任意売却と言われている方法です。

(返済義務が残った200万円に対する利息は再計算されます。)

任意売却の売却方法は様々な手続きと調整が必要になりますので、プロに相談しましょう。
住宅ローン返済に困っている方は、様々な経費が払えないから売却できないのではないかと心配されるかもしれませんが、それも問題ありません。売却した代金の中から調整をして、安全に所有権を移転し、家の売却代金を住宅ローン返済に回すことができます。

任意売却は、銀行の同意を得る必要があり、銀行が納得する売却価格を説明する必要があります。
当社がサポートすることによって納得した売却ができるようになります。
もし、お困りの方がいらっしゃれば、できるだけ傷が浅いうちに当社にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。
記事に対するコメントを『下記コメント欄』へ一言お願いいたします!
みなさまの一言がとても励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次