MENU
不動産・相続・終活に困ったときの相談窓口|まずは無料相談から始めましょう!

バカ不動産投資営業、ここに極まる!(笑)【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産・相続・終活に困ったときの相談窓口』松田の本音満載ブログです!

今日、電話でお問合せを頂いていたお客様とお話しをしました。

電話する不動産営業マン

その内容は、”投資用の不動産の購入”についての相談です。
投資用不動産の購入を検討しており、いろんな知識が欲しいという事でした。
その関連の書籍もお読みになっているようですし、他のセミナーのようなところにも足を運んでいるようでした。

そして、素晴しいご縁で、バカ不動産投資営業マンに出会ったようです(笑)
バカ営業マンは、いろんなお話をしてくれたそうです。

鼻水が垂れています(笑)
ぼく、アホなんですw

・金融機関が融資をしてくれる今が買いです!
(うそこけ(笑))
・この機会を逃すと大きなチャンスを見逃しますよ!
(チャンスなんていつでもあるよね(笑))
・融資する銀行、仲介する当社、購入する買主、一番リスクが少ないのは、家賃収入がもらえる買主のあなたです!
(この営業マン、本気のバカだろ(笑)この業界から消えてなくなれ。)

こういった営業をするバカは、自分の利益ばかり追求していて、お客様のことはこれっぽっちも考えていません。
売ってなんぼ、売ってこその歩合給だからです。
お客様の幸せを考えている体をして、自分の事しか考えていない。
ホントのバカです。

バカは自覚がないから恐ろしいし、自覚がないだけに当然反省もないし、自分が正しいと思いこんでいるから、これまた恐ろしいわけです。

営業会社は、投資用不動産を売らなくてはいけません。
しかしその前提として、お客様の利益を明確にし購入して良いのかをアドバイスすることが大切だと思いますが、このバカ営業マンにとっては、お客様はただの金づるだけの存在のようです(笑)

契約が一番大切だろ!営業マン

だから、ほんとにバカ不動産投資営業マンに引っかかってはいけません。

お客様も、最初は、なんかおかしいな、、、と思っていても、バカ営業マンのバカなお話を聞いているうちに、不動産投資はそういうものなんだと錯覚してしまうのです。

そして、魅力のない物件が魅力的に見えてしまい、私の基準では絶対に買ってはいけない物件に手を出してしまうのです。

不動産売買契約を適切に締結したら最後、解除は以下の方法しかありません。
1.支払い済みの手付金を放棄して解除
2.違約金を支払って解除
3.ローン特約による解除

重いですよね。
手付金は物件価格の5~10%程度が一般的なので、2000万円の物件を購入したとなると、手付金の額は100~200万円。勉強だと思って、手付金を放棄して解約できますか?

違約解除は、売買価格の20%(10%と定めることもある)が相場だから400万円が違約金です。
預貯金が潤沢にあれば、いざという時に対応できますが、だいたいこういった営業を受けて購入する人は、そういった預貯金がない人もいます。

だから、リスクがあるのでやめた方が良いと説明することが多いです。

私がもし仲介する立場であれば、売れなければ利益にならないので、購入しないほうが良いなんて言うのはおかしいのかもしれませんが、私にとってはこれが当たり前の事です。
私を信頼してくれたお客様の利益を無視して、自分だけ儲かろうって感覚がおかしいからです。
下手すると、お客様の人生が傾きかねません。

お客様が信頼をしてくれたおかげで、自分はお客様の利益の後で利益を享受できるのですから、お客様の期待を裏切ったら絶対にいけないのです。

↓↓ちなみに、このバカ営業マンの言った言葉がこれだそうです↓↓
投資用不動産を購入後、万一困る自体になったら
① 売ればいいんですよ。
(購入時よりも高く売れるそうです(笑))
②夜逃げすればバレませんから。
(さすが、バカ営業マン!(笑))
③区分所有のマンションはリスクが低く安泰なんですよ。
(家賃収入0%か100%の二者択一なのにリスクが低いわけねーだろ(笑))

ということで、本日のお客様には今は買わない方が良いですよと、至極まっとうなアドバイスをさせていただきました。(お客様の資産背景の違いによりアドバイスが異なります。)
いろんな意味で、不動産で失敗しないようにしてほしいなと思いました!(笑)

というお話し、、、(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアと応援、ワンクリックおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次