MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

不動産の買い替え。売り買い、どちらが先か【府中市の不動産屋さん】

仲良し親子
目次

不動産の買い替え相談

実ここ最近、買い替えのことで数名の方からご相談がありました。

不動産の買い替えをする時、
●売却先行 売却を先にしてから、購入すること
●購入先行 購入を先にしてから、売却すること
このどちらかを選択する必要があります。

この両者には、各々メリットとデメリットがあります。
実は、私も失敗談があります。

お客様に対し、両者のメリットとデメリットを説明したところ、予算に余裕があるというので、購入先行をしたことがあります。私がプロとして「売却先行にしたほうが良いですよ!」と強く強く言ってあげれば良かった、、、と思ったのです。
なぜかというと、お客様の予算には余裕があったのですがすぐに売れなかったという精神的ダメージがかなり堪えたようだったからです。

購入物件に引越した後、かなりの期間をかけて旧ご自宅が売れたのですが、心理的にきつかったようです。
とりあえず、精神面でギリギリセーフという感じになったのでお客様は一安心されました(笑)

不動産売却が先行であれば、先に売却金額が確定します。

手残りの金額が確定しますから、安心感は増えます。
不動産購入を考えるにしても、予算が明確になっていることが多いので、安心して計画が立てやすいメリットがあります。

デメリットは、引越しをする期間に制限があるので、急ぎ足になる点です。
買い替えで購入先を探す場合には、かなり忙しくなりますし、万一期間内に見つからない場合には、一旦は賃貸物件に引越しをしなくてはなりませんが、そのあと、ゆっくりと物件を探せるので、その意味では安心して探すことができることがメリットと感じる人もいます。
安心感を得たい人は売却先行のほうがメリットがあるのかもしれません。

不動産購入先行のメリットとデメリット

不動産購入先行であれば、購入自体は楽しくできますので心配はありません。
引越後は、不動産(旧ご自宅の)売却をするわけですが、物件は空室になるため、案内はしやすくなります。

所有者の方も気を使わないで済みます。

デメリットは、いくらで売れるかが確定していないため、資金に余裕がないと不安になる点があります。
物件によってすぐに売れることもありますが、その反対もあります。
もしも、売れない期間が長期化すると、住宅ローンを二重で組んでいる場合、一定期間は住宅ローン返済がきつくなるでしょう。資金的に余裕があれば、まったく心配がないのですが、余裕があっても精神的につらい状況が続くことが想定されますから、売却先行で資金面をしっかり押さえておくと安心感は増すかと思います。

不動産の売却先行・購入先行。どちらを選ぶかは、余裕資金次第

豚の貯金箱

不動産売却は、意外と難しいものです。
というのは、自分が住んでいた物件は、自分が気に入って購入しているので過大評価する傾向があり、第三者の評価はそれに対し低いことがあります。(その逆のこともたまにあります。)

不動産の売却は、購入者の希望条件と合致しなければ成約に至ることはありません。
ですから不動産仲介業者の客観的で公平なアドバイスはとても重要になります。

売却先行と購入先行は、残債額と売却最低金額(想定)を考慮して決めるべきです。
万一、想定よりも低い金額でしか売れないときは困ってしまいます。
困ったときには、それを回避するためのアイデアが必要になるのですが、そう単純ではありませんから、後で困らないように事前によく計画を熟考し、判断しましょう。

不動産の買い替え リスクヘッジ

安心だニャー

不動産の買い替えの際、資金計画を明確にしておき、購入先行ではなく売却先行にしたほうが安心感は増します。
お客様の希望が強ければ購入先行にしてもいいのですが、その場合には、必ず次の文言を購入物件の契約書に入れましょう。

今回は買い替えなので、現住まいが●●万円以上で成約しない場合は購入不動産の契約解除ができるものとする。
といった停止条件を付けるべきです。しかし売主様の了解がもらえないと購入の契約はできませんので、売主様の理解は当然に必要です。

不動産仲介業者はさっさと成約したい

契約が一番大切だろ!営業マン

お客様によってはすでに購入したい物件が決まっている場合があります。
そんなとき、不動産仲介業者はさっさと不動産購入手続きを進めていきます。
多少資金計画が無理くりであっても進めてしまう営業担当はいます。
お客様からすればリスクが伴いますが、
売上が確定することは不動産仲介業者からすればメリットなのです。
しかし、この場合であっても資金計画が安心できるものであれば問題はありません。

お客様は、不動産業者選びも慎重にすることが大切です。
不動産営業をする営業マンが、お客様利益をしっかりと考える気持ちがあるかどうかが実は一番大切だからです。

売却先行、購入先行で迷ったら、まずは相談しましょう

不動産の買い替えは、購入先行と、売却先行の2種類があり両者ともに、メリットとデメリットがあるので、よく理解したうえで、無理のない計画をしましょう。
よくわからないときは、プロに相談しましょう。
相談してみて、本当に安心だと思うことができたら業務をお任せしましょう。

皆さんが当社に不安を打ち明けて相談をしていただければ、当社はそれに対し、様々なリスクを説明し、リスクヘッジする方法を加えて対応いたします。
今まで様々な対応をしてまいりましたが、大きなトラブル等なく、多くの皆様に喜んでいただけました。

これからもしっかりと業務を行い、皆さんの想いでの1ページに刻んでいただければ幸いです(笑)

安心だニャー

最後までお読みいただきありがとうございまっす。
記事に対するコメントを『下記コメント欄』へ一言お願いいたします!
みなさまの一言がとても励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次