MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

平成25年基準地価改善傾向が鮮明に!【府中市の不動産屋さん】

国土交通省は9月19日に、平成25年7月1日現在の基準地価(都道府県地価調査)を発表しました。
平成24年7月以降の1年間の地価については、全国平均では依然として下落しているものの、下落率の縮小傾向は継続しています。

●平成25年基準地価の対前年変動率(住宅地のみ記載)
全国    ▼1.8%(▼2.5%)
三大都市圏 ▼0.1%(▼0.8%)
東京圏   ▼0.1%(▼0.9%)
大阪圏   ▼0.4%(▼0.1%)
名古屋圏  ▼0.7%(▼0.2%)
地方圏   ▼2.5%(▼3.2%)
※カッコ内は前年。

変動率は全国平均で、住宅地が-1.8%(前年-2.5%)となっています。三大都市圏平均では、住宅地はほぼ横ばいとなり、商業地は上昇に転換しました。
上昇地点数の割合は全国的に増加し、特に三大都市圏では住宅地の約3分の1の地点、商業地の約2分の1の地点が上昇しています。
一方、地方圏では9割弱の地点が下落していますが、ほぼすべての道県で下落率は縮小しています。

この調子で、地価がある程度上がってくればうれしい人も多いですね。
その反面、うれしくない人もいますね。
円高、円安、株など、全て同じです。不動産に限ったことではないですね。

生き残っていくためには、変化があった時それに柔軟に適応できる能力が必要だ!なんて、よく本に書いてありますが、どうやって行動するかは自分が決めるんですよね。そのために、詳しい人からアドバイスをたくさん聞くことが必要ですね。

個別に見ていけば、地価だって心理的な要素が多分にあります。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次