MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

不動産価格には種類があります【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

不動産(土地)の価格は「一物五価(1~5)」・「一物四価(1~4)」と言いまして、不動産の価格は様々な指標があります。

1.公示価格
2.基準地価格
3.路線価
4.固定資産税評価額
5.実勢の価格
それに加えて、実務では、
6.査定価格
7.売出価格
8.買取価格
9.担保評価
なんてものもあります。

これら9個の価格はすべて「一致しないのが普通」です。
不動産にはたくさんの価格があるので、なんだかわけがわかないですよね。

あぁ、わからないわ、、、。

一般的に、売主・買主に偏らない公平な価格(取引価格の目安)というのが公示価格です。

なるほど!と思うかもしれませんが実勢価格は、公示価格より高いことが普通ですしまれに低いこともあります。
つまり、これらの価格は売出価格を決めるための指標ということが実務の中で言えると思います。
これらの価格には各々の利用目的があり、その目的にあった指標を利用するとよいのです。

売る人にとっては、実勢価格(実際に成約した価格)が最も大切であることは間違いないと思いますが、個人情報になるので、なかなか知るすべがありません。

不動産の価格って、ほんっっっっとに不思議ですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次