物元業者「売主と連絡取れないんですよ~」

【東京都府中市、近隣市区の不動産売却、不動産購入は㈱わいわいアットホームへご相談ください】


う~ん、いい加減連絡くださいよ

2週間前に、他社物元業者が扱っているマンションの見学希望を出したのですが、

その際、物元業者と売主の間で調整がうまくできなかったらしく、

こちらの希望日では見学ができないことになりました。

そのかわり、希望日の翌日なら見学可能とのことでした。

 

しかし、こちら側の予定が合わないためリスケジュールとなりました。

で、2週間先で調整をしてもらうことで依頼をしました。

 

2週間先だったらふつう誰でも調整はできるはず。

誰でもそう思うはずです、、、。

 

 

売主と連絡取れないんです

ところが、再調整を依頼して4日経過しましたが、全然音沙汰がありません。

いい加減、当方のお客様もどうなっているか心配になるだろうし、催促の連絡をしました。

 

すると、担当者曰く、いろんな言い訳があるようでして、

大きな理由としては、なかなか返事が来ない売主らしく、

週末にしか返答がないようです。

の週末である本日は6日目。

日曜日は、売主と連絡が取れるはずの日です、、、。

 

う~ん、いつ返答来るんだろうか、、、。

 

ーーーーーーーー

 

たしかにこうしたことって、あるのかもしれません。

 

しかしね。

「お客様が購入を検討しているので見学したい」と当社からリクエストを出しているのに、

物元業者からは一向に返答がない。

 

私が連絡をしなければ、

売主から返答がないという連絡さえくれない物元担当者は、

あまりにいい加減だなぁと思いたくなります。

 

私も15年以上この業界にいるけど、

まれに見る遅さです。

 

担当者は、電話とメールはしていると主張するのだけど、

どのくらいの頻度でやってくれているのだろうか。

窓口となっているのだから、

売主の代わりとなって、他の業者に対応するのが普通だろうと思うのです。

 

私と電話をしていても、担当者からは申し訳ないという気持ちも感じられないし、

こちらから連絡を入れなければ、まったく返答もないし、

”連絡をくれない売主が悪いんだ”と開き直っているようにも聞こえてしまうので、

ホントに、直接売主を訪問してこようかなと思いたくなります。

(部屋位置もわかっているしね(笑)。)

 

今日、夜にでも訪問してこようかという気持ちが沸々と起こるわけですが、

一度、夜に窓側から在宅なのかどうかくらいは見てこようかと思ったりするわけです。

 

大手は、そういった他社が売却委任を受けている住戸に向けて、

手紙を直接送って”抜き行為”を平気でするのだから、

私がやったからと言って、誰が文句を言えようか、、、。

そういう気持ちも起こらなくはありません。

 

 

いつ連絡つくんだろうか

明日になると、こちらが依頼を出してから1週間を経過するため、

この対応力について、

こんなことでいいのだろうかと思うわけです。

 

大手なんだし、

もう少し、しっかりやってくれよと言いたくなりますが、

なにせ担当者曰く「私はやることはやっているし、あまりしつこく連絡をして売主から嫌われたくない。」みたいなことを言うのです。

いやいや、見学したい、購入を検討したいと言っている人が、

今目の前にいるのに、その返し言葉はおかしくないか?と思うわけです。

 

この見学は、売主様利益にモロになるのだから、

物元業者としては、

信義則に則ってしっかりと対応すべきでしょ?と思うわけです。

 

さて、今日、連絡来るのかなぁ、、、。

こないのかなぁ、、、。

 

 

何やってんだろう、、、見えない

私が物元だったら、こんな対応はあり得ない。

これだけ待たすことになったら、

買主側の仲介業者さんにも迷惑かけてしまうし、

不審に思われることになるから、

気が揉んでしまうよね。

 

だから、私が物元業者だったとしたら、

売主様には申し訳なく思うけど、

電話メールの連続連絡にならざるを得ないわけです。

(売主様からすれば、得する話なので、嫌な気持ちになるはずもないし、、、。)

 

そして、連絡が付いたらしつこく連絡をしたことについて事情を説明して、

しつこく連絡をしてすみませんと一言添えればよいではないか、、、と思うわけです。

だって、自分の場合に限定しておきますが、ウソ偽りなく悪意があるわけではないのだから。

 

不動産売却は、相手があっての事なので、

相手の事だって大切にしなくてはいけないのは、人としても当然だし当たり前。

もしかして、この担当者には、そんな精神ないのかなぁ、、、。

疑問は湧くばかりです。

 

もしね。

当社のお客様が怒ってしまって、

この物件の売主と仲介会社は不誠実だから、

もう見るのやめた!

絶対に買わない!となったらどうするんだろう。

 

物件がどんなに気に入ったとしても、

そういう態度の売主だったり仲介会社が扱っている物件だったら、

心理的に嫌だから絶対買わないぞ!となるお客様も事実いますからね。

当社のお客様では一定数いますもん。

ほんとうに。

 

だから私は、業者の手配の怠慢によって、

機会損失を被った売主は可哀想だよなぁ、、、と思う時があります。

 

ちなみに私が物元業者の場合は、

報告義務は2週間に一度とかしゃくし定規な考えではなくて、

状況の変化などがあれば、逐一、お客様に報告していますから、

売主様から怒られる理由などまるでないのです。

(最近では、毎日報告してますよ(笑)。)

 

まったく、

この売主がいい加減なのか、

何かしらのご事情があって連絡をすることができないのか、

まったく見えてきません。

 

 

こういう時、

仲介会社の立ち回りかたって本当に大切だよなぁと思います。

 

売主という立場になったら、連絡を密にすることはとても大切です。

それは、買主様のことを大切にすることでもあり、

その結果、自分自身を大切にすることにもつながることなのですから、

せめて連絡くらいはお互いのためにしてほしいものです。

 

え?

仲介業者の囲い込みかもしれないって?

うん。

そう言った手法は確かにあるから、

そうなのかもしれないけど、

もう少し日程に余裕があると言えばあるので、

もう少し待ってみようと思います。

 

でね。

結局は、売主側の仲介業者が、売主利益を無視して、

情報の囲い込みをしたいという結論となりました、、、、。

 

悪質ですね。

大手の仲介業者は。

 

現在、不動産売却委任をしている売主様は、

担当者の対応が良いと思っていても、

裏では酷いことを平気でする二枚舌営業マンがたくさんいる(というより、二枚舌営業が普通である)ことを肝に銘じてほしいなぁ、、、。

そう思います。

 

あぁ愚痴ばかりで嫌になります。

 

 

【東京都府中市、近隣市区の不動産売却、不動産購入は㈱わいわいアットホームへご相談ください】