不動産購入の価格相談で知っておくべきこと

不動産を購入したいとお考えになる方は、できるなら表示価格よりも安く買いたい!

これは、誰でも思うことでしょう。

 

しかし!

そんなことできるのでしょうか。

 

はい。できます。できません。

つまり、ケースバイケースとなります。

 

 

価格相談って何パーセントまでいいの?

不動産購入を検討されている方が、当社と一緒に府中市内もしくは近郊の物件を見に行くと、何回か見ているうちにこれは!!という物件に出会うことになります。

その時、不動産を購入検討しているお客様は、物件購入の意思表示をされるわけですが、

その時の一大事としてこれがあります。

 

「価格相談ってお願いできたりするんでしょうか、、、。」

 

はい。

これは絶対にできるとも言えないし、できないとも言えません。

が、私の場合、お客様の前で価格相談ができるのかできないのか売主様に確認をする時があります。

(売主様が宅建業者の時だけです。)

 

静かな室内では、電話口の声はお客様まで聞こえるので、

ウソ偽りなくありのままの真実がそのまま伝わること間違いありません、、、(笑)

 

でね。

(1)物件価格が2200万円で200万円値引きをしてくれたとします。

割引率は9.0%です。

 

(2)物件価格が5500万円で50万円値引きをしてくれたとします。

割引率は0.9%です。

 

(3)値引きは受けません!

割引率は0%です。

 

こういったことを知ってしまうと「何パーセントくらい引いてくれるのかな、、、」という質問自体が、

あまり意味がないということに気が付くのではないかと思います。

 

 

需要と供給のパワーバランス

 

不動産価格の考え方は野菜や魚などと同じです。

 

こんなことを言っている不動産屋さんは信頼に値するのだろうか、、、、(笑)と思うかもしれませんが、真実なのでそれ以外にお答えのしようがありません(笑)

 

野菜や魚と同じなどと言えば、ちょっと常識外れのような聞こえ方がするでしょうし、人によっては「バカなんじゃないか」と思うかもしれませんが、これは事実です。

例えば、野菜や魚の相場などで、夏場天気が良すぎてキュウリが沢山なると価格が下がるし、サンマなどの漁獲量がものすごく少なければ価格が高騰するのと同じです。

少し前にはのかのがが鯖缶が急騰しましたが、セレブご用達の鯖缶なんてものが売っていたような気がします(笑)。

 

数年前、私の記憶では、キャベツ1玉10円の時がありました。

これはあまりに大量にできてしまったためです。

この時は、せっかく食べれるキャベツなのに、畑にある状態のまま、わざわざブルトーザーなどでつぶして肥料にしていました。

 

これは、とても象徴的なのですが、

「食べれるものは本来は価値があるもの」だけど、ビジネスとしては「価値がない」ということを意味しています。

出荷量が増えすぎると、人の手間ばかりが増えて儲からないから廃棄するということなのでしょう。

あくまでビジネス目線でしか物事を考えていないという証左です。

ホントもったいないです。

 

そうそう、先日のマスクの価格なんかは良い参考例です。

供給不足による価格高騰で数十倍の価格になりましたが、

もう元通りの価格になりました。

 

不動産の場合、どうでしょうか。

たまたまあるマンションで、20室売りに出ていたとします。

そうすると、誰もが早く売りたいので、価格をやや下げて売り出すこともあるでしょう。

そうすると、さらに他の売主様もちょっと下目線で出すとします。

そうすると、どんどん下落してしまうというわけです。

 

その逆で、売りに出ている物件がたまたま1室だったとしたら、、、。

これはもうお分かりですよね。

 

 

つまりのところ、 

その地域内における需要と供給の力加減ががどのように働いているかによって価格が左右されるのです。

 

 

不動産も物である以上、需要がなければ価格は1円にもならないのが世の中の常です。

多くの人が認めうる「価値観」に対して価格が付くのであって、「不動産自体」に価格が付くのではないと考えると、納得できるのではないでしょうか。

 

 

結局のところ

 

 

人気がある立地、人気があるマンションは、価格相談がしずらいですが、供給が多ければ価格相談幅が大きくなる可能性があるし、

 

人気がない立地、人気がないマンションは、売出価格が低めに設定してあれば、価格相談がしずらいこともあるでしょうし、売出価格が高めに設定していれば、価格相談がしやすくなることもあります。

 

つまりのところ、供給が多く、人気がない場所ほど、価格相談がしやすい。

これが結論ですが、最終的には、売主様と買主様との合意で成約にいたるものであって、そこに一定のルールがあるわけでもありません。

売主様の状況と買主様の状況によって、パワーバランスが異なるし、

異なるからこそ、一辺倒の考え方にはならないというのが結論になるかと思います。

 

そういった目利きができるのが、ある意味ではプロなのでしょう、、、。

 

 

【東京都府中市、近隣市区の不動産売却、不動産購入は㈱わいわいアットホームへご相談ください】