MENU
不動産・相続・終活に困ったときの相談窓口|まずは無料相談から始めましょう!

(士業曰く)知識は無料ではありません【府中市の不動産屋さん】

不動産業界歴 約20年 松田の本音ブログ

目次

(士業から一言)私の仕事は知識を売ることです

数日前に、士業さんと飲み会を開催しました。

企画をしてくれた別の士業さんが38度の発熱をしたことはつゆ知らず、指定のお店に行くと発熱士業さんは外に佇み私を待っていたのです。

お話し相手

松田さん、すみません。
発熱してしまって38度の熱があるので私は帰ります。
私の分は支払済みなので心配しないでください。
お誘いしておいて申し訳ないのですが、中に2人いますので愉しんできてください。
よろしくお願いします。
それじゃ!

電話でもメッセンジャーなど連絡方法はいくらでもあるのに、あまりに律儀です(笑)
当初2時間半コースの予定でしたが、発熱士業さんがいなくても話が盛り上がり、気がついたら2時間経過しラストオーダーとなりました。
2時間半経過したところで、話したりないので延長しました(笑)

自分の仕事に対する倫理観、姿勢などをお互いに語り合ったところ、士業さんが発した刺さる言葉がありました。

お話し相手

まずは、お互いの相談は無料でやりましょう。

これは、お互いにありがたいことだと思いました。

お話し相手

私の仕事は、知識を売ることです。
知識はただ(無料)ではないんですよ。
それがわからない相談者さんが、けっこういるんですよね。

なるほど。そういう人はたくさんいると思いました。

お話し相手

今の仕事をするために、
一生懸命、勉強に時間を費やして、経験を積んで、やっとできるようになっているわけで、(勉強をしていない)一般の人が我々の知識を、無料で教えてもらおうと考えることが、おかしい話しだと思うんですよ。
正しく仕事をして、お客さんに喜んでもらって、正しく報酬をもらう。
もちろん、悪い事は絶対にしない。
そして府中をより良い街にしたいんです。

なるほど、一理も二理も三理あると思いました。

松田は今まで、あまりにお人よしだったかなぁ~と、反省の松田になることにしました(笑)

不動産や相続関連で、本当に困っているなら気軽に相談くださいね

楽しく不動産の打ち合わせ

士業の方は『親切心から、困っている人にアドバイスをしてあげても、自分のためにならないことがある。」ということを教えてくれました。

『人のために一生懸命動いている人は、正しく報酬をもらうべきですよ。』(士業談)

「うまいこと言って膨大な知識を無料で教えてもらえば良い」と考えている相談者さんは、我々の労力を何だと思っているんだろうか。
そういうことをしている人は、人の時間を奪っているという自覚がない。
自分のことしか考えていない人を助ける必要はないと思います。

それを聞いた松田は、たしかにごもっともだと思いました。
私も、たまたまこの半年くらいで、そういった相談者が増えていることに辟易としていますが、社会背景などの影響もあるのでしょうし、一概には言えないけれど、人として最低限の礼儀は必要だと常々思ったりもします。

それにしても、人としての倫理観の欠如と言いますか、約束を平気で破る人のことは本当に嫌いな松田です。
だから私自身は、ウソを言われても、自分はウソを言わない。これに徹しているのです。

士業さんと話しをして思ったのは、
核心となる部分については『有料情報』にすべきなんだろうと感じました。
(無料のアドバイスであっても、かなりの厚みはあると思います。)

※ずるい人がいればいるほど、有料化、そして高額化するというのが世の常なんだろうなぁ~とも思います。

とは言え、無料相談は社会貢献でもありますので、何でもかんでも有料にする気はありません。
まずは、みなさんが気軽にご相談ができて、本当に納得した先に有料プランがあれば良いのかなと思います。

あんまり有料有料有料なんてことを言っていると、相談のハードルが高くなっちゃいますからね(笑)

まずは超お気軽にご相談下さい(笑)

ビールで乾杯

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアと応援、ワンクリックおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次