やっぱりハートが大切だと思う【府中市の不動産屋さん】

【東京都府中市、近隣市区の不動産売却、不動産購入は㈱わいわいアットホームへご相談ください】


気持ちってホント大切だよなぁ、、、と本当に痛感するんですよね。

 

仕事って、単にお金稼ぎだけじゃないし、

仕事を通じて、社会の様々な人に貢献することができるって素晴らしいと思うんですよ。

社会と接点を持って関係性を築けることが

人が生きている証であり、

活きて生きていく原動力なんだと思うのです。

 

でね。

社会に貢献するには、自分のスキル(能力)を磨いて、

他人様に喜んでもらえる自分にならなきゃいけないわけですから、

当然、自分に甘い事ばかりじゃダメなんですよ。

 

と言っても、人はそもそも怠け者であって、

私自身も、本質部分は怠け者だから、

そういう自分の怠け心にムチ打って頑張ったり、

その頑張りを継続することが本当に大切なんだよなぁって思うのです。

 

 

不動産業の楽しさ

不動産業にもたくさんの種類があります。

私のように府中市と近隣市区に絞って

不動産売買仲介の活動をメインにしている会社もあれば、

全国区でやっている会社もあるし、

建築がメインだったり、賃貸管理がメインだったりと、

様々な不動産業があります。

 

で、私がメインでやっている不動産売買仲介の仕事って、

だいたいがお客様の人生の節目のタイミングで、

人生の大きなイベントとしてあるお取引になるので、

お客様から見れば、

信頼できる業者なのかというのはとても大切です。

 

そこで、自分を信頼していただけるように

人としての大切な部分、

つまり仕事ができるできない以前の部分がとても重要であると思っています。

 

自分が特に大切にしたいと思っているのはこれでして、

仕事の心の持ち方の配分割合は、

お客様の気持ちを大切にすることを70%、仕事を30%。

可能であれば、

100%お客様のことを考えるべきだろうと思ったりします。

 

私にとっての不動産売買仲介業というのは、

自分自身の学びの機会を与えてくれるものであり、

お客様や社会に対して、お役に立たせていただける手段であり、

お客様の幸せのきっかけをお手伝いさせていただくためのものです。

 

だから、良い心がけをすることがもっとも大切だと思うのです。 

 

そういう観点が常にあるので、

目先の数字ばかりを目標にあげるノルマ営業は大嫌いなのです。

 

とはいえ、

他社の営業マン自身、まじめに一生賢明に取り組んでいて、

その上であと1件の契約が!!!という状況がある場合、

私がもしも、そのタイミングで協力できる状況があったとすれば、

まずはお客様のメリットを最大限に考慮して、

その上で協力できるなら、

お客様にも、他社営業マンさんにも、

喜んでいただけるのは間違いありませんから、

そこはシッカリとご協力したいと思うのです。

それが私の本心でもあるのです。

(営業マンにも家族があるからです。)

 

そんな時は、その相手を見て、

どういう考え方で営業活動に取り組んでいるのかを見定めて

協力できるときは、喜んで協力する姿勢は大切にしたいと思っています。

 

お客様がWINになることは絶対だし、

その結果私がWINになれると嬉しいし、

それに関連して一生懸命に真心で頑張っている業者さんだったら、

絶対にWINになってほしいと思います。

 

そして、みんながWIN-WIN-WINになれることが一番の理想かなぁと思います(笑)。

 

 

営業マンの心の善悪

営業マンには、

大きく2種類いるんです。

そしてその中間の人たちが実に多くいます。

 

1.自ら率先してお客様に喜んでもらい、

 喜んでもらった評価として、契約行為ができると考えている営業マン。

 喜んでもらえないときは契約に至らないのは当たり前で、

 おのずと自分磨きが足りないことが悪いと自らを反省し、

 足りない部分を前向きに勉強し、

 建設的にとらえることができる営業マンと、

 

2.お客様が喜ぶことを

 表面的には大切にしているふりをしているが、

 本質的にはそんなことはどうでも良く、

 要するに自分が良くなるための手段としての

 都合の良いお客様であればいいと考える営業マンです。

 数字欲しさに、デメリットを言わないという「ウソ」を

 ついているという自覚があろうとなかろうと、

 お客様の将来の人生を無視してでも、

 自分の売り上げを中心に物事を考える営業マン がいます。

 

上記2.の人ね。

事実、こういった考え方を持っている営業マンは多数います。

そして、自分の売り上げ目標が達成していないとき、

悪の心が出てしまうのです。

 

そしてこの1と2の中間に位置する営業マンが最も多いのも自然なことです。

 

 

 

私なんか思うのですが、

その時に契約ができないのは、

現実的にお客様の都合もあるのだけど、

究極は営業をしている自分の段取りの悪さとか、

お客様の気持ちを大切にすることができていなかったり、

様々な自分の能力が足りなかった結果だと思うのです。

 

お客様のせいにしたり、

同業者のせいにしたり、

そんなことは心の中だけだとしても、

考えることではないと思うのです。

 

自分に、悪い意味の悪影響を与える業者側の人は、

しいては、お客様に悪影響をきたす人になるので、

係らないようにするしかないのだと思います。

 

 

(あ、、、このブログを読んでいる人を想像して書いているわけではないので、

勘違いしないでくださいね(笑)。)

 

 

結局、真摯でいられることが最も大切

 

私の経験上、

もちろん時として、ガツガツした営業で営業成績はより良いものになることはあります。

 

事実、私が賃貸仲介をさせてもらっていたとき、

年間契約数で全社員1位(最終日確認)になったので、

この1年間では、本気で1番になりたいと思って仕事に取り組みましたが、

それでも、無理やり契約を取るという姿勢は、

私の気持ちの中では、みじんもありませんでした。

 

あくまで、

自分がその人に役に立って、

喜んでいただいた「結果」が、「契約という形で現れた」としか考えていないのです。

 

つまり、私の仕事の姿勢は、

いかにお客様に喜んでいただくことができるのか、

ということだけが自分の評価であり目標であって、

ひたすらノルマ的な数字だけが大切であるという考えはありません。

(雑念が入るので、自分主体の考え方をできるだけ持ちたくないのです。)

 

当時は、自分が喜んでいただいた結果、たまたま運が良く1位になれた。

という結果があっただけです。

 

その会社の中でたまたまお客様に1番多く喜ばれた営業マンになれた、

と自分を評価できるので、

その意味ではとてもうれしいことだし、光栄なことなわけです。

 

だからといって、それがじゃぁ今に生きているのか?ということになるのだけど、

私の良い思い出にしかならないのかなぁ、、、という感じです。

(今でも、当時の後輩的な人からは連絡もらったりすることもあります。)

 

 

不動産業は、人をだまくらかすのはそもそも問題外だし、

デメリットを言わないという「嘘」は、

私からすれば最もイケナイ行為だと思うのです。

 

契約をしたいがために、デメリットを伝えず、

良い事ばかりでお客様を良い気分にさせて契約し、

その後、どん底に落とすとかマイナスな気持ちにさせてしまうなど、

本当におかしいと思います。

 

不動産業は、心からクリーンな気持ちで、

相手のことを真剣に考えて提案すべきものです。

自分の売り上げは二の次。

 

不動産売買仲介業において、最も大切なのは

お客様のその後の人生を含めて考えることであり、

自分自身が、人のためになれる自分になるために、

信念をもって行動することです。

 

それができない人は、

不動産業界に本来いてはいけないとさえ思えてしまいます。

まぁ、それは極端かも知れないけれど、私個人はそう考えています。

 

 


【東京都府中市、近隣市区の不動産売却、不動産購入は㈱わいわいアットホームへご相談ください】

府中市内 の 不動産売却は、特に力を入れています。
府中市内 の 不動産売却は、特に力を入れています。

スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
土地情報をいち早く欲しい方向け
土地情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
府中市・近隣市区のマンションの資産価値
マンション売出事例がわかる