MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

不動産の見学をしたい人。当社に来てくださいね【府中市の不動産屋さん】

車に乗った家族
目次

府中市の不動産見学をしたい! 府中市専門のわいわいアットホームまで!

不動産の購入を検討されている方は、たくさんいらっしゃると思います。
当社にもたくさんお問い合わせがありまして、お客様と一緒に楽しく物件の見学に行っています。
さて、物件の見学をする時、気になることがあれば、すぐに質問することが大切です。
物怖じしている場合ではありません。
気になったらすぐに見学、気に入ったら即日購入申込書を記入しましょう。

購入申し込みは「交渉段階」の始まり

物件を見学して気に入れば、すぐに不動産購入申込みを書きましょう。
基本は、不動産購入申込みを先に書いた人が優先されるため、意思表示をしっかりとする事が大切です。

本日お客様から言われた言葉で印象的だったのはこちらです。
「見学したい物件があったら躊躇なく、早めに見たほうが良いんですよね?」

そうです。
まさに、その通りだと思います。

交渉が成立して、ようやく「契約手続き」

不動産購入申込書を提出したら、交渉開始です。
交渉は、購入申込書(書面)に記載して進めていきますので、書面に記載するときに諸条件を決めて対応していきます。
相手方との交渉がまとまれば、不動産売買契約の締結です。
日程調整などをして、手続きを進めていきます。

買主になる人が必要な持物は以下の通りです。
 ・本人確認資料(一般的には免許証など)
 ・収入印紙
 ・手付金
 ・印鑑(実印が理想的) となります。

物件を買い逃して後悔しないために

資金計画などは、物件を見る前にある程度計算をしておけば気持ちにも余裕ができます。
最近は物件数がなぜか少ないので、気に入った場合にはすぐに申し込みをしないと物件が無くなってしまう可能性が高いように思います。
どうしようかと迷っているうちに物件が無くなったとしても、本気で後悔することはあまりないのですが、”後悔したくない”と本気で思ったときは迷わず不動産購入申込書を提出しましょう!

大手特有の嫌がらせは、できないご時世に、、、

表の顔と裏の顔

大手不動産仲介会社の集客方法はというと、、、
1.ネームバリューを活かした集客で不動産の売却委任を取ってポータルサイトに掲載。
2.ポータルサイトからの問い合わせに対して案内して成約させる。
これが通常の方法です。

以前までの話しですが、
例えば「大手不動産仲介会社が売却委任を受けている物件」に対して当社(もしくは他社)が問い合わせをすると、いろんな理由を付けて見学を拒もうとすることがありましたが、今では、派手にできなくなりました。
と言っても、担当者によって色々対応に違いがありますが、要するに時間稼ぎをしようと躍起になっている営業マンもいて、そうなとき、とても滑稽に見えます(笑)

私が他業者に物件の紹介可否を確認するときには「すぐに見れない」ようなことを言われたときは「なぜ見れないのですか?規定違反になる可能性はありませんか?」と相手を問い詰めてしまうので、担当者としてはかなり嫌かもしれませんし、だいたいは見学させてもらえます(笑)

当社を信頼してくれているお客様の利益を最大限に守ることが私の使命であり責任ですから、そのくらいするのは当然のことです(笑)

不動産売買取引に有利(だと思う)当社へ

安心だニャー

当社(私)は、正直に対応することが一番大切だと思っています。
1に正直、2に正直、3,4がなくても5に正直です。

当社に来られるお客様は、

1.どんな時でも正確な情報が手に入ります。
2.どんな時でも楽しく不動産取引ができます。
3.どんな時でも気兼ねなく質問ができ謎が解決できます。
4.取引後も様々なサポートを受けることができます。

不動産の取引をしたい人(特に府中市にゆかりある方)なら、当社はとても便利だと思います。
だって、夜の10時でも連絡できますから。・・・と、数年前にお取引をした方から言われました(笑)

まぁ、確かに事実なんです(笑)

些細な事なのですが、自由に対応ができることでお客様が喜んでくれることはとてもうれしい事です。
これからも楽しく真摯に対応をしていきたいと思っております。
府中市で不動産売却、不動産購入を検討されている方は、ぜひ当社にご相談ください!(笑)

最後までお読みいただきありがとうございまっす。
記事に対するコメントを『下記コメント欄』へ一言お願いいたします!
みなさまの一言がとても励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次