MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

宅建免許 ようやく(3)になりました【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

宅地建物取引業者免許
目次

宅建免許(3)になりました。

思えば、お勤めサラリーマン時代に、社長の独断と偏見で不動産の爆買い(無知なる爆買い)によって会社が倒産に追い込まれたおかげで、人生の転換を迫られ、『人生を幸せにするための問題提起』を自分自身にできるようになった結果、不動産業界に入る決断となったことは、ほんとうにラッキーとしか言いようがありません(笑)

くわしいことはここでは書きませんが、ほぼほぼ労務提供という住み込みで10年ほど仕事をやっていたにもかかわらず、倒産したときは、手切れ金40万円のみ渡され、家具付き1Rのレオパレスを借りたことは今でもよく覚えています(笑)

お金がなく知人友人も一旦は居なくなってしまったような孤立した状態に陥いり、仕事は派遣業で食いつなぐという状況に追い込まれましたが、そういった経験はステップと考えてましたので、『人に役立ちたいという目標』をもって生きてきた甲斐がありました。

自分が不動産を学び、教える側になれば、自分都合の営業マンに騙されて不幸になる人を減らすことができるし、私が受けた人生の失敗をバネにすることができるのです。
こういった『人をだます営業マン』なんて普通いないだろうと思ったら大間違いで、親切丁寧な対応をしてくれている人が、実のところ、悪いことを考えている人だった、なんて事はいくらでもあります。

自分の努力や考え方次第では、たくさんの人の心からの喜びと笑顔を見ることができ、人を助ける側になれるなんて最高なことです。

宅建免許(1)は5年間です

ご縁に感謝

宅建免許の(1)の期間は今は5年ですから、独立開業して、ようやく10周年を迎えた証として(3)の免許は胸を張っていいのだと思います(笑)きっと。

こういったことを達成できたことは、私のことを信頼してくれたたくさんのみなさまのおかげであり、同業諸先輩や協力企業様のおかげです。たくさんの皆様が私に対し信頼とアドバイスをくれたからこそですし、もう一つ追加すると、私がお客様利益を本気でまじめに考え、それを曲げずに貫いてきたということもあるかもしれません。

開業後8か月くらいの時、仕事のために準備した口座預金は16万円しか残っておらず、次の家賃、諸経費などの支払いができない状況まで行きましたが、その月に不動産売買契約が3つ決まったので、何とか次の支払いと、ずっと未払いだった(私の)安い給料もいただくことができ、何とか首の皮1枚つながった感じでした。
この時は、人生でこれでもかというくらいの心の底からの渾身のガッツポーズになりました(笑)
超感謝、超感激、超感動でした(笑)
お客様が、私の家族と私を救ってくれました(笑)

このとき、自分がどんなに困っていたとしても、自分の利は後回しにして「お客様に対しウソ偽りのない正直なサポートを貫き通すことで、見てくれている人は見てくれているんだ。やっぱりそうだなぁ。」という確信を持つことができました。

それ以降の数か月、、、お客様は来なかったので、また預貯金が底をつきそうになり( ;∀;)、そんなことをくり返しながら、段々とお問い合わせの数が増えて、今では11年目を迎えております(笑)
本当に、いろんな経験を積ませていただき、信頼される喜びを心の底から感じられる私は、とても幸せだと思っています(笑)

これからも真摯、紳士、親身な業務を続けます。

安心の不動産取引です

ここ最近、たまたまお客様のアンケートをいただく機会が多くなっていて、皆さん思い思いの感想を書いてくださっております。たくさんのお褒めのお言葉をいただくことができ、本当にうれしく思っています。
私にできることは、府中市に根差し、地域の方、親御様や知人等関連の方など、小さい組織ながらお役に立たせていただくことくらいしかできませんが、これからは、できれば店舗展開をして、私の主義主張をもっと広めていきたいと思うことがすご~くあります。
しかしながら、私にはそんな甲斐性はなく( ´艸`)、できるかどうかなんてわかりませんが、無名の自分がどこまでたくさんの人に役立つことができるのか。そういった観点からして挑戦をする事はとても有意義なことだと思いますし、社会貢献に結び付けば、自分の人生も様々な人に役立たせることができますので、私にとって本望だと思います。

これからも、不動産取引だけにとどまらず、様々なことをサポートして皆さんの困ったを解決できる先生として活躍をしていきたいなと思っています。

ほんとうに、ありがとうございます!

宅地建物取引業者免許

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次