MENU
不動産・相続・終活に困ったときの相談窓口|まずは無料相談から始めましょう!

無心、、、。やっぱり大切【府中市の不動産屋さん】

不動産業界歴 約20年 松田の本音ブログ

目次

無心は偉大だと思う今日この頃

本日、バイク通勤をしている時、ふと頭に浮かんだ言葉。

無心

そう。無心です。
いろんな出来事が起こったときに、それをどのように自分の心で解釈し受けとめるかによって、心の穏やかさは異なるものです。
欲張らず、現状ありのままを受け入れ、ものごとに感謝して自然と笑顔になれることが最高だなぁって思いました。

そういえば、私が20才台の時は、無心で仕事に打ち込め!なんてよく言われていたっけなぁ~と思いだし、あの頃は、豊かとは言えなかったけれど、

ボロは着てても心は錦だぜ

この言葉がよく頭に浮かびました。
強がっていたのかもしれませんけど、毎日毎日、誰もが信じられないくらい一生懸命努力をしてきたし、人に喜ばれるようにと、いつも考え実践し、自分の目標を持って頑張っていました。

無心こそ精神的衛生上プラス

天使の羽男子

最近、いろんな方から不動産や相続にまつわる相談があり、うれしいことも残念なこともありますが、ちょうど先ほどお客様が損をしてしまうのではないか、、、という状況から良い方向に一転したことがありました。

買主様(当社のお客様)に不動産購入申込書を記載してもらい、契約日以外の諸条件等を売主様に承諾をいただいていたのですが、遠方という理由もあり、次に東京に来られるのが3週間後。
不動産売買契約の締結がすぐにできません。

そうなると、さすがに売主様はその間待つこともできない。なぜなら契約できる保証がないからです。
その間に、他の人から申し込みがあれば、場合によってはそちらを優先せざるを得ないこともあり得る、、、。
そんな状況になっていました。
売主様がとる行動としては当然のこととも言えます。

いずれにしても、私は買主様に正確な情報をお送りしないといけませんので、事前に資料などをお送りし、裏表なく質問に回答した結果、ご理解を頂けたようで、「契約締結を前倒しして、スッキリした気持ちで家族全員で前向きに契約ができます!」とご連絡をいただきました。

まつだ

誤解みたいな雰囲気が解けてよかった!
(契約書類等を見たらすごく安心できたそうです)

お電話でも弾むような明るい声が聞こえて、とても楽しく明るいふわふわした気持ちになりました。
心からありがとうございます、の気持ちです(笑)

メールのみ、LINEのみ、文字のみの連絡⇒ 誤解発生の温床だらけ

うろたえる男性

私は、顧客利益を一番に考えていつも行動しているのですが、そんな気持ちをもってしても、相手に伝わらないことがあります。
その理由として、文字のやり取りが多くなったからだと思います。

ここのところ、不思議と誤解的な雰囲気になることが連発しています。
その原因は、やっぱり文字のみの連絡がメインになっているからだと感じます。

私達は生きている人間であり、感情があります。
感情を文字であらわすことは難しく、同じ言葉を伝えたとしても、受け取り側の精神的な状況、置かれている立場によって、解釈が全然異なってきます。

人というのは、最初に悪い方(不安なほう)に考える(受け取る)ものです。
だから、顔を見て話す、電話で話す、話しの温度感を伝えるためには、やっぱりリアルに勝るものはありません。

その点、メール、LINEは『言った、言わない』を防ぐには便利なのですが、
人の気持ちを伝えるには不十分すぎると言わざるを得ません。

現代を生きる人たちは多忙ですし、迷惑電話、迷惑メールも多く、できれば知らない人と関わりたくないというのもあるかと思います。そんな現状ではありますが、それでも温度感をちゃんと伝えて、誤解がないようにしないといけないよなぁ~とつくづく感じてしまう今日この頃です。

良い意味でも、悪い意味でも、反省し、素直に状況を受けとめ、自分の行動を改めていく努力は、何歳になっても必要だなとつくづく思う松田です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアと応援、ワンクリックおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次