MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

不動産の掘り出し物って話♪【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

 来店やお問い合わせのお客様がよく言われるのがコレ!
掘り出し物を紹介してください。」です。


私の答え
・掘り出し物は出会えれば超ラッキー!
となるでしょうね。

解説
一般に皆さんがおっしゃる掘り出し物とは、立地が良い格安物件のことだと思いますが、そういった物件は本当にあるのでしょうか?どういった状況ですと、こういった物件が出てくるのかを考えてみましょう♪

まず、売り主様は、ほとんどの方が高く売りたいと考えています。
相場が坪90~100万円前後なら、少なくとも90万円以上の成約を目指した販売活動をするはずです。
でも、掘り出しというからには、坪70~80万円くらいのことだと思います。

こういった価格で売却をする場合、売り主様の心情として近所に知られたくない等の理由等が考えられます。
近所に知られたくないのであれば、面下での販売活動となりますが、こうなった場合には、広告活動ができないため、不動産業者が一般顧客より先に購入してしまいます。つまり、仕入れです。
売り主様はなぜ、このような安い価格での売却を承知してしまうのでしょうか?
理由はいろいろありますが、代表的なものは、不動産業者(プロ)が買い取る場合、ノークレーム・決済が早いことに理由があります。仮に個人が購入すると、住宅ローンを組む事が多く、融資承認が金融機関から否決または減額されることもあり、時間がかかることも少なくありません。また、決済後でも一定期間は瑕疵担保責任が発生するとか、売り主様にとっては厄介なことが付きまとうのです。

そのため、安い価格でも承知して売却するのです。しかし、これは稀なケースであり、一般の方が掘り出し物に出会うのは、25mプールの中の碁石1個を探すようなものと言ってもいいかもしれませんね。

結論
ほとんどの不動産業者がいうことで、爆弾発言でもなんでもないのですが、掘り出し物なんて存在しないのです。その理由は、不動産業者が一般の方が購入する前に、買って行ってしまう(仕入れる)からです。

番外
告知事項付の物件ってありますよね。いわゆる事故物件のこと。事故が気にならない方であれば、掘り出し物になるかもしれませんね。

なので、あまりにも掘り出し物に執着しすぎると、良い物件を買い逃し、購入の時期を逸してしまう可能性が高いのです。こうなってしまうと次に購入できる時期はかなり先になるか、場合によっては、購入そのものを断念せざるを得ない状況になることもあります。お気を付けくださいね。


当社でシミュレーション&アドバイスいたします♪(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次