MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

作り話とウソは人を傷つけることがある【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

ある人との会話。
「おまえ、出入り禁止なんだって。」という切り口から始まります。
真意がわからないから「本当なの?」って聞くと、淡々と本当だと言われる、、、。
しかし、何回かしつこく聞き返すと、結局はウソだったって話し、、、。
これ、ホントよくない。

この人は昔からそうなんだよね、はじめて会った時からジメッとしてて、ホント趣味の悪い人間だ。
作り話しで相手が傷つくのを楽しんでいるのだろうか。
自分が言われたとしても傷つかないんだろうか。いや、逆に人一倍気になるのかも。
私は、人が傷つくことを作り話で言えないし、そんな勇気もない。
指導的立場で状況をよくわかっている人が、部下の成長のためにあえて言うウソや作り話しならまだしも、、。

私の知っている営業で、こんなあきれる人がいました。
商品を買っていただくとき、
営業 「ホントお母さん(奥さん)は優しい方ですね。うちの母なんかホントにきつい人なんですよ。まったくえらい違いですよ。お母さん(奥さん)の爪の垢を煎じて飲ませてあげたいですよ。お母さん(奥さん)のような人に自分の母親になってほしかったですよ。アハハァ~。」

お客さん 「一生懸命頑張ってるから買ったんだからね。これからもがんばるんだよ。」

営業 「ありがとうございます!一生懸命頑張ります!」

営業を終え、事務所に帰ってくると社員同士で話をしています。

営業「あのクソババァ、ずいぶんと時間がかかったよ。ふざっけんなよ、ホントむかついたゼ!いちいち俺のこと聞いてきやがってすげぇ~むかついた。いちいちめんどくせんだよ!まぁ、だまして2つ売りつけてやったぜ。ひょひょひょ~!」

この営業君、いつも成績が悪くて、この日は自分の新記録だったみたいで(==)すごく楽しそうに話してました。(==)
(あまりに印象的で10年たってもまだ忘れられない会話だ。)

こういう人が身近にいたときは最悪だ。
いやでも付き合わなければいけない。
こんな人間にはなりたくないものだ、、、。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次