MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

媒介契約をするときは【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

お客様が売却活動依頼をする時には媒介契約を結びますが、通常は3種類ありますという説明を受けます。
ちゃんとしている会社は「お客様にしっかりと説明するように」というように各営業マンに指導をしています。
・一般媒介
・専任媒介
・専属専任媒介
実務では、会社に関係なく、しっかりとした営業マンなら違いを細かく説明してくれますが、その説明にはグレーゾーンが潜んでいる場合があるので要注意です。
今まで多くの売主様とお話しをした結果、「3種類の違いがまったくわかんない」という方がたくさんいらっしゃいました。
忘れているだけかと思ったら、意外やそうでもなく、説明自体がほとんどなかったみたいな口ぶりです、、、。
その時の話しをうかがうと、専任か専属専任にしてもらえれば、次の新聞折り込みチラシで大々的に広告を打ちますから!とか、集客力と営業力が違う!とか、どこよりも高く売ります!と言われたらしいです。
「いらっしゃい!いらっしゃい!うちに頼めばメリット尽くし5点盛りだよぉう」って感じで、専任以上にしちゃった人が多いね。
なるほど、実に興味深いですね。
その辺はもっと顧客目線でしっかりと説明をしてあげたほうが良いんじゃないの?って今日もお話しをしていて思ったんだけど、お客様はよく分らないからお任せしちゃったって言ってましたね。
インターネットが普及し、もう20年くらいでしょうか?
今や子供たちもネットをしている時代ですからね。
価格だって、高すぎたらだれも見向きもしないよね。
見向きするのは最初の時期だけ。

あまりに高すぎる価格で売れると期待しているのは、個人の売主様だけです(==;)。ホントだよ。
ご質問はこちらまで♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次