MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

不動産(土地)購入でだまされたのか?それとも。【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

今日は、不動産業者さんが投資用物件の資料を持ってきてくれました。
そこで、こんなお話し。

Aさん「私の知り合いで、土地を建築条件付きで買ったんです。で3か月以内に建物の請負契約もしたんですが、なんでも土地の価格を最初の価格より300万円高くして建築条件で契約をしたので、建物にその分費用を回せなくて、建物が建築できないって相談があったんですよ。それが、契約後だし土地の所有権移転も完了済み、、、。」

よくよく聞くと、請負業者はその売主様で、売主様があるハウスメーカーに施工を依頼しています。
そのハウスメーカーでは、当初計画していた金額で建物が建築できないそうです。その理由は、今建材費がどんどん高くなっていることと人件費も上がってきているからなんだそうです。だから、土地契約を300万円高くしたことがネックになっているそうなのですが、土地の価格を高くしたのには、売主買主が合意した別の理由があるそうなのです。
 売主としてはとてもまずいので、他のハウスメーカーにも見積もり依頼を出しているそうなのですが、どうもうまくいかないそうです。
(というか、めちゃくちゃですね。)
売主様と買主様が合意して土地の売買契約をしている以上、どうしようもないのですが、それにしても、請負契約をしてすでに1年以上たっているそうです。あと数か月たっても建物が完成しない場合、売主の違約となってペナルティーが発生するようですが、売主もそうならないために必死でしょう。(全く訳わからん状況です。私はこんな経験ないので「?マーク」が頭の周りをたくさん回っています。)

こんな状況になると買主様がほんと可哀そうなのですが、どうして、こう訳のわからない事になってしまうのでしょうか。
結局は、当初の不動産売買契約(と条件)がしっかりできていないということなんだと思います。
まったく不思議ちゃんです。

不動産を購入するときは相手がどうあれ、わからないことは、その担当者に納得するまでとことん確認する事がとても大切です。

この前、当社と取引をしかけた不動産業者なんか、私が質問したら、とんでもない回答が返ってきました。
そんなこと全然聞いてないですよね?っていうチンプンカンプンな回答です。
だからまた聞き直したんですけど、その回答も全然適当で的を得ていない。
申し訳ないけど、いい加減すぎて呆れてしまいました。
それに気が付くのは、私がプロとして仕事をしているからかもしれません。
こういう不動産営業マンは自身に満ちた話しぶりをしますので、知識のない一般顧客は、誠実で信頼できる不動産営業マンだと勘違いして、ハンコを押してしまうのです。まったく恐ろしいと思います。

こういう不動産営業マンに当たってしまったら、お客様は被害者です。
不動産購入もそうだし、不動産売却もそうですが、その結果には全て理由があります。
その理由はなんなのか、しっかりとお話しをして確認をして納得をしてハンコを押しましょう。
不動産は安くありません。人生間違ってしまうことだってあります。

「なんか、いまいちわからないけど、営業さんがしっかりしてそうだし、社員数もそれなりにいるし、看板も信用できそうだから」って言うのが一番危険です。

納得できなかったら絶対に記名はしない!ハンコは押さない!
悪いのは不動産営業マンなのか、それともハンコを押した買主様なのか、今の段階ではわかりません。
こういう失敗の経験がある人こそ、ぜひ当社に相談してほしいと思います。
おいしい話しには注意しましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次