MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

首都圏の新築物件価格、再び上昇【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

不動産情報サービスのアットホーム㈱は、同社のネットワークにおける2014年1月期の首都圏新築戸建て・中古マンションの登録価格と成約価格を発表しました。
対象は、登録物件が新築戸建て1万2,822件、中古マンション1,315件、成約物件が新築戸建て1,537件、中古マンション593件。(たった1ヶ月でこれだけの登録・成約があるんですね。ものすごい数です。)
新築戸建ての平均登録価格は、3,310万円(前年同月比1.2%上昇)で、2ヵ月連続のプラス。成約価格は、3,313万円(同4.5%上昇)と再び上昇。23区内で高額物件の成約が堅調に推移したこと、23区に次ぎ価格が高い東京都下でも平均価格が大幅に上昇したことが要因。神奈川県は3,421万円(同0.6%下落)と下落したが、埼玉県は2,889万円(同9.2%上昇)で11ヵ月連続、千葉県は2,589万円(同5.8%上昇)で9ヵ月連続の上昇となった。
中古マンションの平均登録価格は、1戸当たり2,264万円(同6.1%上昇)と再びプラス。成約価格も2,170万円(同1.9%上昇)とプラス。成約が多く平均価格も高い東京23区と神奈川県が上昇、東京都下1,980万円(同5.3%下落)、埼玉県1,448万円(同9.9%下落)、千葉県1,472万円(同3.1%下落)の下落をカバーした。
府中市内ですと、新築一戸建ては年明けから、年度末といったことが影響しているのかかなりのダンピング合戦になっているような気がします。そのせいか、新築一戸建ての成約数は一気にうなぎ上りな感じがあり、在庫がかなり減っています。全体的には、建物の建材費や人件費がかなり上がっているようなので、登録価格が高くなっており、それに引っ張られて成約価格も高くなっているのかもしれませんね。
その他、マンションもかなりの動きがありますが、東京都下で見ると、成約価格は5.3%下落。
今日を入れてあと2日で2月は終了です。
3月の不動産はどんな動きをするんでしょうね。
不動産の買い時についてはいろんなご意見がありますが、その方が購入したいと思った時が買い時だと思います。
周りに惑わされず、ご自身にあった購入をしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次