MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

また、不動産売却査定が高いのかな?【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

前に、不動産売却の件でご相談がありました。
その方は、すでに他の不動産仲介会社様の仲介にて買い替え物件を購入をされています。
ひょんなことからその方と出会う機会があり、当社にご売却を任せようか迷っていました。
その不動産の成約事例(坪単価)は160万円くらい。
所有者様は、買い替えということもありますので、売却資金を購入物件に充てるため、できる限り高く早く売りたいという気持ちがあります。
私も所有者様のその気持ちはもちろんわかっています。
現在、売り出している価格(坪単価)は175万円。
悪くないかもしれませんね、概ね10%くらいであれば。でも最初の坪単価は180万円くらいでした。
これはさすがに高すぎる気がします。お問合せも全くなかったのではないでしょうか。
立地が特別いいとか、住環境や様々な利便が良いとかであればまだしも、この物件についてはそこまでの優位性は感じられません。(本音ですみません。)
私は成約事例等を踏まえてお話しをしますので、売れないと思われる不動産査定額は提示しません。
特に買い替えが絡んだ場合、資金計画を間違ってしまったりすると大変ですね。

売却ができないとき、立場上困るのは不動産仲介業者みたいなことを言っている方もいらっしゃるようですが、それは違いますね。
ホントに困るのは所有者様です。

極論を言ってしまえば、不動産仲介会社はその物件が売れようと売れまいと自分が苦しむことはないのです。(程度によりますが)
所有者様の中には、不動産仲介会社だって仲介手数料がもらえなければ困るから必死になってがんばるだろうと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、他のお客様の契約が常に進行しているのです。
特に大手、準大手と呼ばれているところは資本力もあるので、あなたから仲介手数料がいただけなくても痛くも痒くもないのです。
しかも不動産売却の高額査定をするところの多くが大手、準大手だったりもします。営業トークも素晴らしいです。(もちろん多くの不動産営業マンが紳士的な担当者だと思います)。
万一、決済手続きが行えなければその違約金(売買価格の20%が目安)を支払うことになるのは誰でしょうか。
もちろん、債務不履行をするであろう方です。だから決済手続きをしないことは通常であればあり得ないのです。
この物件は、すでに売却を活動して丸3か月が過ぎようとしています。不動産売買だって1月~3月という時期は繁忙期だったはずです。

それでも売れないのはなぜなのでしょうか。

不動産自体に問題がないと考えられるのであれば答えは単純です。
価格が高すぎるか、たまたま買いたい人がいないだけです。

しかし、この繁忙期で築浅で駅からもそう遠くないこの物件を買いたい人がいないってことは想像がしずらいのです。
もし、この機会を逃すとどうなるかは、だれもが想像できるのではないでしょうか?
物件は築浅で良い物件です。
たぶん誰が見ても満足するだけの設備が整っています。駅からもそう遠くなく需要のある地域です。
それでも売れないということは、その理由はもう明らかだと思います。
総合的に考えると、その購入でお世話になった不動産仲介会社の営業トークに問題があったかもしれません。

所有者様は、自分の不動産が成約事例の価格くらいで売れたとしても300万円の自己資金の持ち出しをすることになるとおっしゃっているのですから。

つまり、
1・購入(買い替え)物件が高すぎた。
2・売れると思っていた不動産売却査定額で成約しない(査定額が高すぎた)。ということになるかと思います。

お客様は不動産流通の仕組みをほぼ知りません。
だから不動産仲介会社のアドバイス・資料を参考にすることになります。
でも、そのアドバイス・資料が意図的だったらと思ったら怖くないでしょうか?

所有者様から伺った話しですが、不動産の買い替えの際は、ほかの不動産仲介会社が売却活動をしてしまうと購入の引渡しのタイミングが合わなくなることがあると言われたようなのですが、それもある意味正解かもしれませんが、そんなことで不動産仲介がうまくできないなんてことはあり得ないでしょう。
実際、不動産購入と不動産売却を別々の不動産仲介会社が対応するケースは日常茶飯事のように行われています。
つまり、この不動産仲介会社様は他社を排除し、媒介契約を締結するためだけの営業トークをした可能性があります。

所有者様はそろそろ引っ越しをする頃でしょう。決済金も全額支払わなければなりません。違約金なんて払えませんからね。
もし、このまま売れなければ、しばらくの間は2重の住宅ローンを支払わなければなりません。
その額は相当な額と想像できます。

安く売ればその分預貯金から持ち出して住宅ローンを完済しなければなりません。
売れ時を逃した物件の価格はそのまま売れるのでしょうか、売れないのでしょうか?
所有者様のご事情があるだけに、今後の不動産売却活動は悩むことになる可能性があります。
厳しい状況であることは間違いなさそうです、、、。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • え、貴社の販売力はどうなんですか?評論家のようなブログですね。それだったらそのお客さんの物件を高く買ってくれるようなお客さんを貴社の力で連れてくることができるんですよね。それができないのなら、説得力はありませんよ。

コメントする

目次