MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

大丈夫?不動産購入の資金計画【府中市の不動産屋さん】

●●さんから、お客様(A様)のご紹介を受けました。
A様といろいろお話しをして、資金計画がどうなっているのかを伺うと、まだやっていないそうです。
へ?と思ったので、ご年収、ご年齢を伺うと、
ご主人 750万円 40歳
奥様 300万円 41歳
自己資金 500万円
購入希望(諸費用込み) 6500万円
借入希望 6000万円
さて、これを見てどう思われるでしょうか。
私は、「こわい。やめときましょう。」とアドバイスしたいお客様です。


購入をするんであれば、アッパーでも1500万円は落としたいところです。
つまり、諸費用込みで5000万円です。(変動金利で0.875%として以下計算してます。)
これで、借入おこしたら、35年借り入れ(完済75才)で毎月12.4万円の返済
もし定年までの20年(完済60才)としたら、毎月20.5万円の返済
年間の支払いが20.5万円×12か月=246万円。
ご主人の年収だけで見て返済比率で考えれば33%だから、これで何とかなるのかなぁ。って感じでしょうね。
奥様のご年収が別途であるから、収入合算という手もありますが、借りられる金額と返せる金額は違います。
ご年収があるからと言って、毎月20万円以上の返済をしていくって精神的にも重いでしょ?
それでも大丈夫ですと自信満々であればまた違ってくるかもってところでしょう。
一番厳しいのは、金融機関がそこまでの融資をしてくれるのか?といったところ。
(フラットなら融資してくれると思いますけど。)
まだ、30歳前半ならともかく、40歳台でこの金額(6000万円の融資)は重たくて融資する金融機関も考えちゃいます。
奥様においては、お子様のことを考えると、仕事を続けていくことができるでしょうか。近隣に親御様がいらっしゃるなら、その点は問題ないかもですが、、、。
定年後も仕事が続けられるとか、自営業等で収入が確保できるとか、退職金がしっかり出るとか、そういったストーリーが無ければ、6000万円の融資は厳しいと思われます。この場合、もう少し頭金を増やせれば、ローンの額が低くなるので、安心感は増します。
それでもお客様が買いたいんだぁ!!っておっしゃるなら融資をしてくれる金融機関にご相談いたしますが、定年後のストーリーはしっかりと、組み立てておいてくださいね。
 

最後までお読みいただきありがとうございまっす。
記事に対するコメントを『下記コメント欄』へ一言お願いいたします!
みなさまの一言がとても励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次