MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

あれ?間取りが、、、。【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

【予備知識】売主様から売却委任を受けている仲介業者を物元業者と言いますが、それに対して客付けを行う仲介業者を客付業者と言います。

今日は、大手不動産仲介さんが物元になっている物件のご案内。
お客様から、以前から気になっている物件(中古一戸建て)があったんだけど、価格変更になったので見てみたいというリクエストです。
早速鍵手配をして、現地を一緒に確認。
すると、わぉ~。すごいぃ~。きれい~。随所に注文住宅のいい感じがあるぅ~。
わぁぉ~、、、、、。
(--)あれ?なんか変だぞ、、、。

【1階】
あれ、収納の位置が違う。
あれ、トイレの位置が違う。
あれ、階段の位置が違う。
あれ、システムキッチンの向きが違う。
【2階】
あれ、収納位置が違う。
あれ、トイレの位置が違う。
あれ、廊下の形状が違う。
あれ、部屋の広さが全然違う。

ということで、販売図面ほどの魅力が感じられなかった物件(==;)
っていうか、おとり広告と言われる可能性すらある物件かも(==;)
注文住宅なので随所にこだわりがあるんですが、それがかえって使いずらいような気も、、、、。
家具、どうやっておけばいいんだろう、、、。
動線を考えると、ココには家具は置けない、、、。

売主様が変にこだわりすぎる間取りにしたことが、かえって買う方にとっては魅力がなくなります。
この物件は、まさに、お手本になってしまいそう。
建物がとても立派なだけにすごく残念、、、、。

お客様の結論。
「ここは見送り!」
以上!

念のためですが、自分が良いと思えばそれは良いものなのです。
工夫次第でどうにでもなる部分もありますからね。
不動産購入はこの建築主さんの気持ちと同じです。
オンリーワンでいいんです♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次