MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

覚せい剤と幸せ【府中市の不動産屋さん】

昨日、歌手のASKAさんが、覚せい剤容疑で逮捕されましたね。大きなニュースになってましたからどなたもご存じだと思いますが。
傍から見たら、あれだけの成功者がどうして覚せい剤なんかにおぼれてしまうのだろうかと疑問を抱くのは私だけではないと思います。
以前、ある人のお話しで聞いたことがあるのですが、ある程度成功して、ある程度あらゆることを経験してしまうと飽きてしまい、楽しみがなくなってしまう人がいるそうです。つまり目標がなくなってしまうんですね。
これって、幸せなのか不幸なのかといったところなんですが、たぶん本人にとっては幸せではなかったんでしょうね。
幸せ満喫していればきっと覚せい剤には手を出さないと思うからね。
幸せの基準は人それぞれだから、一概に「あなたは幸せ」とは言えないものだけど、少なくとも今の私は幸せだと思っていますし。

家族がいて、家族の笑顔があって、おいしいご飯が食べられて、そして仕事でたくさんの人の笑顔が見れて、喜んでいただいて感謝もされる。
シンプルな事なんだけど、そんなことでも幸せは十分に感じられると思う。
ASKAさんくらいのレベルになると、私の幸せは幸せのうちに入らないのかもしれないですけどね。
で、結局いつも思うのが、
幸せっていうのは、自分の心が決めているって事。
不幸っていうのも、自分の心が決めているって事。
1輪のお花を見たときに10人が違った意見をするように、考え方、受け止め方が違う。もうこれだけで、幸せの感じ方は全員が違う。
もちろん、どう考えたって不幸なことはあるけど、それだって受け止め方によってプラスに受け止めようと考える方々もいます。
「いろんな出来事」を幸せと感じられるということが素直に素晴らしいんだと思う。
ASKAさんは、何か心が満たされなくて覚せい剤に走ってしまったんでしょうかね。
才能がある方はどういうわけか、失敗も大きかったりしますが、どうなんでしょうね。

こういうニュースは戒めとして、心が弱っているときにはしっかりと自分というものを強く持っていかないといけませんね。
自分を助けるのは、自分しかないと強い心を持たないといけないんでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次