MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

境界標はずれることもある。【府中市の不動産屋さん】

先日、物件の引渡しを終え、無事に取引完了した土地があったのですが、1か月くらい経って、お客様から連絡が入りました。
境界標がずれているというのです。
建築を依頼している業者さんが、地積測量図に基づき、測量をしていたら、境界標がずれていることを発見したそうです。
そして、私、現地を確認すると、「あ~、ずれてるね。動くね。」

(ね。ひび割れてるでしょ。)
引渡し前の現地立会をしたときは、こんなことになっていなかったのですがね。
引渡し前の現地立会は、売主様、売主側仲介業者、当社買主様、私の四者で確認をしたのですが、私たちが帰る時、売主様が土止めにしてあったブロックを、ハンマ―使って壊していたんだよね。

作業途中になっていたから、私たちが帰った後も作業をしてたんだろうね。
たぶん売主様がハンマーかスコップをぶつけて、亀裂を入れてしまったんだろうと推測。

現地確認の時、すでに他の境界標が1個外れていたので売主様に聞くと、自分で壊したって言ってたからね(笑)
正直で助かりますね(笑)

その時、買主様もこれは無くても問題ないから「大丈夫ですよぉ」って快諾していたのですが、さすがに、この角の境界標がずれているのはまずいよねぇ。

そんなわけで、ただいま売主様側の仲介業者に確認中。
売主様、とても親切なおじいちゃんなんですけど、親切すぎて、こんななっちゃったのか。
それとも、境界表を設置した土地家屋調査士がしっかりとやってくれていなかったのか。
どっちにしても、買主様は悪くないのでしっかりと対応しないとね。というお話し。
 

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次