MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

不動産購入に関するお客様の悩み【府中市の不動産屋さん】

先日、あるお客様とお話しをしました。何やら、悩みを抱えているのです。
私は率直に、何を悩んでいて、何を考えられているのかを伺いました。
その時に、不動産仲介会社(当社ではないですよ)の対応に抜けが多くあり、このまま進めていいのだろうか不安だといった話しをされました。
最初、お客様自身もお話しをしていいものか考えられておりましたが、話しをし始めると、いろいろと悩んでいることがわかりました。

私は、お客様のおっしゃることはよく理解できますし、この件に関しては、全くその通りだと思いました。
そして、その解決策としていくつかご提案をさせていただきました。
そして、話しをしたことで気持ちがスーッとしたそうです。
お客様は、これから大きな夢をかなえると同時に住宅ローンという支払いを抱えます。
と言っても賃貸であれば家賃という名目で支払っていることにかわりはないのですが。
支払いはできるんだろうか。本当にこれでいいんだろうか。人生の大きな分岐点に直面しています。

人生は、それこそ今この瞬間が常に分岐点でもあります。
おやつを食べよう、やっぱりやめよう。
もう少し頑張ろう、やっぱり楽しよう。
早く寝よう、テレビ見てから寝よう。
常に分岐点です。

でも、住宅購入のような大きなお買物の時は、それ相当の覚悟を決めて決断をしているわけですから、そのお客様の気持ちは日常よりも神経質になるし、不安になるのは当たり前です。
だから、心のケアが一番必要なんじゃないだろうかと、いつも思うんです。
私は、過去従事してきた仕事において、おじいちゃんやおばあちゃんたちにも関わりあう事もあり、いろんなことを学びました。
そこでいろいろと気が付かされたことがたくさんあります。
それは、やっぱり心なんだなぁって。
年を取れば誰だってシワクチャになります。
でもとっても綺麗なことがあります。
そうです、心から出る笑顔や本心からの会話です。

クサイお話しかもしれないけど、たくさんの人と関わりあったからこそ、やっぱりそう思うのです。
このお客様には「松田さんは誠意が伝わってきて、本当に信頼しています。全面的に信頼していますので、引き続きよろしくお願いします。」と言われ、目頭が熱くなりました。

機械的に、取引の流れの中で流れ作業だけするのであれば、なにも相談相手(不動産営業マン)はいなくていいと思います。
そういった心のケアが必要だからこそ、相談相手(不動産営業マン)が必要なんじゃないかと思います。
今までも、これからも「感動仲介」をめざし、精進していきたい!そう思う今日この頃でした。
 

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次