MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

ある不動産仲介会社の最低上司のこと【府中市の不動産屋さん】

私の知り合いが会社を辞めるという話しをしていました。

ある上司が配属されるまでは、とても良い雰囲気の店舗でしたが、その上司が配属されてから今日まで(約3か月)に5人退職したそうです。
笑えるやらあきれるやら、、、。

というのも、3人やめてしまったため、空き人員を補充するための人事異動で、あの店長の下では働きたくないと言って辞めた人もいるそうです。
パワハラ・セクハラ・モラハラ(モラルハラスメント)・イビハラ(いびりハラスメント)という4拍子揃った、それは優秀な上司だそうです。

で、私の知り合いが辞めることになった理由に挙げていたのがこれがまたひどいのです。

その店長は、常時いじめる相手がいないと落ち着かないらしく、理不尽な事を言って社員を辞めさせてしまうそうです。
すると、いじめる相手がいなくなるので順番的に本人がいじめの対象になってしまったらしいのです。
「お前はなんで契約が取れないんだ!」とかいろんなことを言うらしく。
営業マンは契約とってなんぼですから、こういうことを言われることは宿命ですが、言われ方があまりにヒドイそうです。

世の中には、こんなお粗末な上司がいるから、お客様に対して、お客様目線の仕事ができない部下ができてしまうんだと怒りも感じます。
来月、不動産売買契約の予定になっていたお客様も、上司のノルマ主義のため月内に契約を入れるというばかばかしい事をしているそうです。
その上司は、さらにその上司に「私が立ち会ったので月内契約ができました!」って、自分のお手柄のように振る舞っているとか、、、(笑)
全く意味が分かりませんし、呆れるでしょ。

自分の部下を大切にできない上司や会社はお客様には絶対に選ばれなくなると思います。
私なんか、いつもそう思うし、お客様のペースというものがあるから絶対煽ってはいけないし、自分たちの都合で日数そこそこの月内に契約をねじ込むなんて馬鹿で愚かしいとしか思えません。
もちろん早く契約をしなければいけない状況がお客様にとってのメリットであるならそれは良いのですけど。

結局、自分たちの思った結果にならないというのは、努力が足りなかったり、何かが足りなかったからのはず。
それを無視してこの上司は社員が嫌がるハラスメント四拍子をして、挙句の果てにはお客様に無理をさせたりする。
完全な最低上司だよね。

その上司の必殺技は、車に二人で乗車して、その営業マンの事を直接ボロクソに言うというやり方。
そして、顔を30㎝くらいに近づけて来て、ぶちぶちと言うらしい。
(ホント勘弁してくれ、、、。きもいよね。)

私の知り合いは「辞めろ、辞めちまえ、辞めてけっこうだ。」としょっちゅう言われ、ついに我慢が出来なくなり、「辞めます」と言ったそうです。

こんな最低上司がのさばりながら良い給料もらっている世の中っておかしいんちゃう?って思うのは、たぶん私だけではないでしょ?

そんな馬鹿な上司の元なんかさっさと去ってしまえばいい。
そして、自分で人生を切り開いて見返してやればいい。

そう思ってしまいました。

ホント、組織というものはつらいものです。

私なんか、組織の中では自分勝手な部類と思われていた節がありますが、前の会社を辞めた後、ある人に「前の会社にいるときに、なんで自分勝手って言われるのかわからなかったんですよ」って話をしたら、こういう理由だよと教えてくれました。

ほほぉ~、なるほど。
やっぱり自分勝手って最高じゃないかぁ。
そう思いましたね。

自分勝手って言われると、利己主義という感じがしますが、私の場合、実はそうではないという事に改めて気が付かされ、目からウロコでした。
いやぁ~それを教えてくれた方には感謝ね。

という事で、こんな最低上司なんかについてくことない!
こんな最低上司に自分の大切な人生を委ねるなんて馬鹿みたいな事をしちゃいけないと思うし、したくないでしょ。

同じ会社に勤めてたら、その上司が会社を辞めるまで、ずっと自分の上司として君臨し続けて、いつまでも上司面するんだよ。
強い意志を持って、こんな最低上司をつぶしてしまえ!
みんなで徒党を組めばやっつけられるから、こんな最低上司!
そう思ってしまった今日の夕方です。

上司が部下を怒ること(注意・指導する意味)は仕方がないと思うけど、せめて、部下の気持ちの分かる人に上司になってもらいたいと思う。怒り方だって2種類あるでしょ。
 

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次