MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

不動産購入。仲介会社選びを失敗するとお客様も苦労します【府中市の不動産屋さん】

今日、来店されたのはAさんです。
以前、不動産売買契約のお手伝いをさせてもらったお客様からのご紹介です。

以前、他の不動産仲介会社からひどい営業を受けたそうです。
住宅ローンは問題なく借りることができるということで、借入可能額目一杯の物件をオススメされたそうです。

その物件はAさんにはとても魅力的だったそうですが、いろいろと考えた末にAさんは考え直したそうです。
このまま勢いで買ってしまうと住宅ローン返済ができなくなるかもしれない。
ということで、購入を見送ったそうです。

これはナイス判断。とても冷静に判断されました!

住宅ローン返済はがんばれば何とかなるだろうと思って、夢を優先するととんでもないことが起こるかもしれません。

そもそも、がんれば何とかなるだろう、、、という考えが一番危ないので、Aさんにいろいろなお話しをさせていただきました。
お話しを伺い机上計算をすると、たしかに融資は受けられそうですが、どう考えても無謀だと感じざるを得ません。
住宅ローンの借入金額は無理をしてはいけません。

われわれ不動産仲介会社は、契約が成立して何ぼの世界です。
だから不動産売買契約の締結をしたいのが営業マンの本質です。
しかし、お客様の犠牲の上に商売が成り立つようでは大問題です。
お客様の感謝や喜びの上に商売が成り立つようでなければいけないのです。

宅地建物取引主任者は、宅地建物取引に名称変更となり、士業の仲間入りを果たしました。
私が士業とは、重いですね(笑)

士業になったという責任は重大です。
全ての宅地建物取引士が責任を全うし、モラルある業務をしてほしいと思います。
(人の事ばかり言うのでなく自分も率先垂範が必要なのは当然です。)

やはり不動産仲介業界は信頼が最も必要だと思います。
信頼とは日々の積み重ねによって出来上がるものだと思います。

今まで、自分がお客様に喜んでいただくという考えや、実際に喜んでいただいたお客様の気持ちなど、たくさんの喜びが積み重なって今日の信頼が形になっています。

不動産営業マンとお客様というよりも「人対人」としての信頼ができれば、それほど素晴らしいものはないと思います。

さてAさんには、この後物件紹介をしなくてはなりません。
物件のご紹介はお客様のご希望に沿うかどうかが一番大切です。
そして、毎日を安心して過ごすことができるという視点からご提案する事も大切です。
時には妥協をしなくてはならないケースもありますが、できるだけお客様の要望に合うものをご提供できるように日々精進する次第です。

さて、この後も物件探索です。
あ!うっかりしていました。
Aさんにチョコレート渡すの忘れてしまった、、、(笑)

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次