MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

不動産屋が信頼できないのですが、、、という相談【府中市の不動産屋さん】

今朝早くに不動産についてのご相談がありました。
気になる物件があるけれど、今相談をしている不動産やに不審な点があるという事でした。

話しをお伺いすると、ふむふむなるほどという内容で、これらの問題の多くは不動産営業マンが自社利益優先の思考回路になっていることが問題だったりします。

営業マンは売上ノルマがあるので社内両手と言って、売主から売却依頼を受けている物件を、自社の買主様で成約したいわけです。
そうすれば、売主様と買主様からも仲介手数料がもらえて2倍儲かるのです。

こういった業務が故意でなく一生懸命お客様利益優先の営業活動の結果、たまたまそうなれば問題ありませんが、不動産営業マンの利益追求のために故意の場合には問題となってきます。

当たり前のことですがお客様利益が第一になっているかどうかという点が一番大切なのです。
やっと良い物件に出会えたとしても、不動産屋さんに不審な点があると気持ちの良い取り引きはできません。
そんなの嫌ですよね。

そういう時は仲介を依頼する不動産屋さんを変えてしまっても問題はありません。

なぜなら信頼関係が崩壊しているからです。

お客様の多くは不動産屋さんを変えてはいけないだろうと思っていますが、それは不動産仲介業の仕組みを知らないからです。

信頼関係が崩壊しているのであれば、仲介業者を変更することに誰が異論を唱えるのでしょうか?

信頼できない不動産屋さんに仕事を依頼したくないのは当たり前のことです。
もし当社に対し不信感がわいた時も、同じように遠慮なく断ってもらってもいいのです。

私が大手不動産仲介会社にいた時、1回だけドタキャンをされたことがあります(==;)が、これは私が悪いのではなく、お客様にそもそもの問題がありました。

「松田さんのおかげで良い物件を見つけることができましたが、御社では契約しないことにしました。」
「え?何か問題がありましたか。物件に気に入らない点がありましたか?」
「いいえ、この物件はとても気に入っていますので、契約はするつもりです。」
「え?どういう事なんですか。」
「私が勤めている会社のグループに不動産屋さんがありまして・・・。」

・・・なんじゃそりゃ。

そのお客様は数日後、グループ会社の不動産屋さんで不動産売買契約をされたようです。

私に何の落ち度もないのでがっかりですが、これはある意味仕方のないことなのです。
で、救われた一言は、
「松田さんは、しっかりやってくれたので感謝しています。」

う~む。
正直なところ残念な気持ちがありましたが、それでもまぁいっかでおしまいになりました。
気持ちを切り替えて次の仕事をしました(笑)

私が大手不動産仲介会社に在職していたときは、営業ノルマがあったので営業数字を追わなければなりませんから、後ろを見ている暇はないのです。だから愚痴ることなく前を向いて、ひたすら上を向いて頑張るのみでした。ほんとそれだけでしたね(笑)

それで私がこの経験から思ったことは、
自分が仲介することはできなかったけれど、お客様が喜んでくれたのは良かったかな。でもやっぱり残念かな(笑)という思いでした。

その上で、自分がしっかりと対応できていなかったところは無かったのだろうか?
そう考えたのですが、これこそ健全ですし次につながるというものだと思うのです。
そういう前向きさは、昔も今も、多分変わっていないと思います(笑)

不動産を売却する方も、購入する方も、やっぱり信頼できる担当者に出会うことが一番です。
お取引後も、しっかりと対応してくれるのかが大切です。

一生懸命やっている人は、必ずいい担当に出会える!と思ってぜひ頑張ってください。
え?松田さんがいるって。。。そういわれると、とてもうれしいですね(笑)

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次