MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

住宅ローン取扱不可の連絡からの逆転【府中市の不動産屋さん】

先日、新築一戸建ての不動産売買契約をさせていただきました。
私が気になっていたのは、住宅ローン審査のことでした。
今回は売主様も了承済みだったことから不動産売買契約締結後に住宅ローン事前審査を行いましたが、A金融機関では取扱い不可という連絡が入りました。

のぉーっ!これはまずいなぁと思いながらB金融機関の返事を待ち、翌日に住宅ローン審査承認の連絡が入りました。
あぁ、良かった。

A金融機関では、なぜ取扱い不可になったのか。これにはちゃんとした理由がありました。

安定収入はあるけれど、確定申告上では節税をするための措置が取られていたために、A金融機関では取扱不可になったというわけですが、B金融機関では何とか承認を取り付けていただけたのです。

ふぅーっ!!(安堵のため息です)

実は、金融機関ごとに審査基準が違うため、捨てる神あれば拾う神ありみたいなことが起こるです。
つまり、グレーゾーンは、白にも黒にもなる可能性があるというわけです。

だからと言って、誰でも承認が取れれるわけではありません。
今回のお客様は安定収入があったからこその賜物なわけで、安定収入に不安要素が大きければ、こういった結果になることはなかったと思います。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次