MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

変動金利について、知っておこう!【府中市の不動産屋さん】

金融機関からお金を借りる時、金利の種類がいくつかあります。

その代表がこれ!
・変動金利
現在、超超超というくらいの超低金利時代となってるため、変動金利はとても良いと思うのですが、人それぞれで不安な人も多いはず。
なので、変動金利の仕組みを知っておけば、なるほどと理解できるし、理解したうえで、どうするかを決めれば納得もできるはず。
住宅ローンのシミュレーションは、あくまでシミュレーションであるので、おおよその目安にするのは絶対必要だけど、その通りに行かないこともあると思います。
最終的に、変動金利が得か、固定金利が得なのかは、結果論であるし、未来が予言できないだけに、こればかりは仕方がないので、おおよそ、未来の自分たちの生活の予想を立てて、金利プランを選んでほしいなって思います。
では、今回は、変動金利の特徴を!
・変動金利の「金利」は半年ごとに変化します。
・変動金利の「返済額」は5年ごとに変化します。

あれ?不思議ですね。
金利が変わっているのに、返済額が同じってどういう事?って思いませんか。
思いますよね。
つまりこういう事です。
最初に設定した返済額(仮に35年としましょう。)で、返済スタートします。
毎月返済額は、毎月10万円。(そのうちの元金は6万円、利息は4万円とします。)
半年後、金利が上昇しました。返済額は一緒ですが、本来支払う利息は若干多くなっています
毎月返済額は、毎月10万円。(そのうちの元金は6万円、利息は4.2万円とします。)
→つまり、本来なら毎月10.2万円支払わないといけない、、、。

その半年後、金利が低下しました。返済額は一緒ですが、本来支払う利息は若干少なくなっています
毎月返済額は、毎月10万円。(そのうちの元金は6万円、利息は3.8万円とします。)
→つまり、本来なら毎月9.8万円の支払いで良い、、、。
で、利息の精算をするのが丸5年の返済を完了したとき。
6年目~35年の期間で、うすべったくして上乗せして利息を支払っていくわけです。
最初の5年間に、利息分を多く払っていれば支払額が軽減され、少なく払っていたのであれば、支払額が増えるというわけ。
ということで、いつの段階かわからないけど、早めの「繰り上げ返済」は効果的なわけ。
これは、またそのうちに。

これならわかりやすいでしょ。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次