MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

苦情(銀行担当者さんのお話し)【府中市の不動産屋さん】

特定されちゃうとまずいので、いつのことかは言えないのですが、、、。
当社のお客様が、自分で指定した銀行で住宅ローンを借りたいというので、ぜひ、そうしてくださいと説明をし、お客様が自ら銀行に行って、住宅ローンの手続きをされたのですが、これがまた大変だったようです。

その理由は、銀行担当者さんのご案内がいろいろミスがあったようです。
1)説明不足 (銀行担当者によるミス)
2)書類の書き直し数回(銀行担当者によるミス)
3)書類の届け忘れ (銀行担当者によるミス)
4)アポなしのいきなり訪問
5)緊急の身分証コピーの郵送依頼 (銀行担当者によるミス)
う~む。こりゃぁ、私も嫌になっちゃうよね。

お客様は担当者を変えてほしいと思ったそうなのですが、そんなこと言いづらいし手続きも厄介のようです。
融資条件は悪くないので、納得はいかないけれど我慢してその担当者に継続して対応してもらったそうです。
私が関わっていれば、優しくマイルドに「チャットやってくれないと困りますよ。」と、しっかり銀行担当者とお話しするんですけどね(笑)

お客様が直接銀行さんと対応しているので、私が対応できないので、どうにも歯がゆいですね(笑)
やっぱり担当者の力量は大切ですね。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こういう場合って、不動産会社は手伝ってくれないものなのですか?手伝いでなくても、ついててもらえるだけでも心強い感じがします

  • 斉藤様、ご意見ありがとうございます。
    不動産会社によって対応が違いますが、同じ会社内であっても担当者によって全く異なります。
    融資の契約というのは、買主様対銀行の手続きなので、そこに不動産会社が割り込んでいくと、逆に行き違いなどが発生することがあるので、ある程度おまかせしているんですね。
    いわゆる、餅屋は餅屋ということです。
    私が最初から窓口になって対応する場合には、私が銀行と打ち合わせをして、ご案内のミスがないように努めておりますので、こういう事はありません。
    斉藤様も購入する時は、注意してくださいね(笑)。

コメントする

目次