MENU
不動産・相続・終活に困ったときの相談窓口|まずは無料相談から始めましょう!

先日の物件見学のご案内。【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産・相続・終活に困ったときの相談窓口』松田の本音満載ブログです!

先日は、2組のお客様を不動産見学でご案内しました。

1組目のお客様はまだ探しはじめでして、物件(土地)そのものは気に入ってくれたような気はしますが、いろいろと悩んだり考えたりすることと思います。いろいろ考えると、いろんな気持ちが出てくるんだろうなと思うのですが、ご質問とかがあれば、良い点も悪い点もしっかりと説明致します。納得していただければ、ぜひ購入を決めてほしいと思っています。もし、気に入っていただけない場合には、今回の物件は見送って次の物件を探していきましょう。焦らずに楽しみながらお手伝いをさせていただければと思っています。

そんな事を自分も思っていたところ、土地が気に入ったので、この土地に合わせた建物プランを検討したいとの事で、なんとなく前向きな感じになりました。理想的な建物が建築できるようであれば、土地の売買契約締結となりそうです。物件探しでは長い期間探せばよい物件に巡り合えるということでもないので、良いと思える住環境(不動産)と巡り合う事が大切ですね。

2組目のお客様は、即決でした。

見学をしていただいた物件は空き家状態になっていて残置物などはありませんが、 室内は汚れと傷みが激しい状態(笑)。そのような状況でも即決することができるのですから、客観的に冷静に判断できたのだと思います。リフォーム費用は、ざっくり程度ならお答えができますので、だいたいのイメージをご説明しました。「念の為、このくらいの予算を考えておけば大丈夫だと思います。」もちろん、当社手配のリフォーム業者を立ち会わせて見積もりを取りますのでご安心です(笑)

不動産の価値は、土地と建物(室内状況を含む。)を合わせたものです。そして、すぐに生活ができる室内・設備状況なのかどうかは大切な事です。これも不動産の付加価値または減額価値になるのは当然ですから、それらは考慮しなくてはいけません。それを考慮しての購入申込みでした。

さて、売主様(売主様側には不動産仲介会社(これを物元といいます。)がついております。)はこちらの購入申し込みの条件に対しどう判断されるのか楽しみです。
という事で、こちらの主張は全てありのまま物元業者にお伝えしました。
すると、物元担当者が仕事の進め方についてわからないから教えてくれみたいな意味の分からん事を言いだしました、、、。

このような担当者なので、私の言っていることがイマイチ伝わりません。
なので、「細かい話し(段取り等)はご自分の店長に聞いてほしい」と言って話しを打ち切りました(笑)。

そして、翌日、、、。

こちらの購入条件に対し売主様は承諾されましたが、この後も物元の担当者が訳の分からない事を言っているのです。
この担当者は自分の業務知識がない事を棚に上げて、「お客様利益」をはき違えているから私との会話が全くかみ合わないのです。さすがに私は覚悟しました。実務経験がほとんどない担当者なんだなと。

その夜(数時間後)、私から担当者に再度電話を入れると、店長に指導受けたようで、ようやく私の言っていることを理解してくれたようです(笑)。

さて、これから不動産売買契約の準備です。楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアと応援、ワンクリックおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次