MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

今日は、変な物がないか、現地建物内の確認、、、。【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

今日は、今度、不動産売買契約をする土地に古家(空家)があるため、その中に何か変な物がないか確認をするため、今しがた(夜の21時20分頃)、A様(購入者)と現地確認をしてきました。

建物は4戸のアパート。
鍵は3本。
あれ、、、数が合わない、、、(==;)

電気も止まっているので、真っ暗闇の為、手持ちのライトを使用。
そして、この時期だからなのかオニグモがけっこう発生中。
「クモの巣ありますよ!」って教えてもらえなかったら、今頃私の顔の中心には、クモの巣の中心が付いていたかもしれない、、、。
あぁ、、、恐ろしい(==;)

そして鍵をドアに差し込み、ぐりっとひねって、いざ「ドアオープン!!」と心で叫んでみる、、、(--)
そして、解体前提の建物なので、靴のまま入ると何もなし、、、。
おしっ!
なぜか気合が入る、、、(笑)

そして次の部屋へ、、、。
鍵が合わない、、、(==;)
ここは開かずの間となりました、、、。

そして階段を上がり2階へ、、、。
ジョーズのドゥ~ドゥン!ドゥ~ドゥン!、、、を心で奏でながら2階のドアの鍵穴へキーを挿すと、、、。
鍵が合わない、、、(==;)
ここも開かずの間か、、、。

そして、もう一つの部屋へ侵入。
靴のまま潜入すると、、、、何もない。
ふぅー!!

どうやら心理的瑕疵などは存在せず不動産売買契約と不動産決済は同時履行ができそうな感じ(笑)
しかし、A様曰く「白骨とかがある時があるんですよ。」
私「(◎O◎;)おぉっ~。」
私は、不動産賃貸仲介の時代に一度、本物の仏さんを見たことはありましたが、不動産売買の物件で白骨は見たことがない、、、。
しいていうなら何かの動物の白骨は見たことがあった、、、。
あれはきっと、ネズミに違いない、、、。

今回のお取引は、現況有姿かつ瑕疵担保責任免責での不動産売買契約なので、万一何かがあっても契約をなしにはできない。
不動産売買の世界では、仏さんがリアルにいたり、かつて事件性がある仏さんがあったことがあると、心理的瑕疵と言って、これはちと怖い。
(もちろん、他にも心理的瑕疵という定義はあります。)
そういう物件を購入するとどうしようもなくなるので、購入しようとするときは慎重になります。

その後、A様をご自宅まで車でお送りしましたが、なんだか楽しく良い経験を積ませてもらった気がします(笑)うれしいです(笑)

なんだか、めでたい気分です(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次