MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

こんな見かたもあるのか、、、【府中市の不動産屋さん】

ついこの前。

ビールで乾杯

異業種の方たちとの飲み会を催した時に、こんな話しが出ました。
「うちのお客様では2年ちょっとかかって物件を購入してもらった方がいて、よく2年ちょっともお付き合い頂けたなぁと思って、ホントありがたいなって感謝してるんですよ。ホントすごくないですか?よく飽きないでお付き合いしてくれたなって、、、。で、ようやく建物が完成しそうなので、今度は火災保険もお願いされているんですよ。」

そしたらね、Mさんは、こう言ってくれたんです。

Mさん「それって逆じゃないですか? 私がお客さんだったら、逆に、よくそこまで松田さんが相手にしてくれたなって思いますよ。」

「え?なんでですか。そういうものですか?」

Mさん「そうですよ。業者さんは、普通そこまで付き合ってくれませんよ。お客さんが感謝してるんですよ。」

「お~。なるほどぉ~。」

なるほど、よくよくお客様目線で見ると、たしかに、そういう見かたもあるんだなと思ったのです(笑)
そんな目線、まったく気が付きませんでした、、、。

なるほど、納得する営業マン

そういう事を考えたことがなくて、ひたすらお客様に喜んでもらうために、どうしたらいいだろうと考えて行動していただけだったんだけども、それが純粋に良かったんだなと思ったりしました(笑)

いろんな人とお話しすると、いろんなものの見かたがあってとてもためになります。

こういうお話しができるのは気づきもあってとても貴重だと思いました。
とはいえ、自分のやり方や考え方の土台はすでにできているから、そのやり方は違う!とか言われたらどうなるんだろう?

その時は自分の考えややり方を変えるのか、それとも他人の反対意見は無視するだけなのか?
私の場合は、まずは素直に聞く耳を持ち、どのようにすればさらに良い形になるのか意見をまぜこぜにして全く違う回答を出すような気がします(笑)

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次