MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

虐待のニュースを見て【府中市の不動産屋さん】

今朝、親が虐待をして3歳の子供が死亡したというニュースがありました。
親は今時の若い二人。親の年齢は27歳くらいでした。

がっかり落ち込みます

3歳の子に、熱湯や冷水をかけたり、鎖をまいてパンチをしたり、よくもこれほど残酷な事ができるものです。親にも、何か事情があるのかもしれませんが、子供からすれば親の事情など関係ない話しです。

わが子は、自分の子供であるけれど一人の人間であり親の所有物ではないのです。
親には子どもを扶養する義務がありますが、それがあろうとなかろうと、自分の子供は可愛いし大切にしたいというのが親の自然の気持ちだと思います。
でも、親にもストレスがあり、イライラしてつい、、、というのはよく聞きますが、それは、聞き苦しい言い訳でしかありません。
自分の弱さを正当化するところが、人としてズルいのです。
誰が聞いても、虐待している親の言い分は間違っているのです。

考えるおじさん 

子供になぜあれだけひどい事ができたのかその精神構造がわかりません。
弱い小さな子供だから暴力をふるうのでしょうけど、もしプロレスラーみたいな人だったら、その親は手を上げてしまうのでしょうか?
ゼッタイに手をあげるわけがないのです。

なぜなら自分の命の危険を感じるからです。
つまり、子どもの虐待をする人全般に言えると思いますが、弱い者をいじめ、強いものに媚を売る卑怯者であり心の弱虫なのです。

家族

人は社会性が問われます。
社交性、優しさ、くじけない忍耐力、建設的な思考が大切なのです。
(それ以外にもいろいろあるけれど。)

虐待って字はとても嫌悪感が湧きます。
例えば、同じ叩くという行為であっても「暴力と愛のむち」では意味が全く異なります。
人間社会において、教育の観点から頭をコツンと叩いたり、怒鳴ることは時に必要です。
しかし暴力はいけません。

怒ってます

人間には、喜怒哀楽があります。
子供にとっての一番の教育者である親は、毎日の生活の中で喜怒哀楽を使って、社会に役立つ教育、子供が幸せになるための教育をしなければいけないのです。

親になったのであれば、覚悟と責任が必要なのです。
子供は親の鑑です。子供に腹が立つ親は自問自答が必要だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次