MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

海老蔵さんを批難するあなた。非難されるべきは、あなただよ。【府中市の不動産屋さん】

世の中には、いちいち、僻み(ひがみ)、妬み(ねたみ)を持っている人がたくさんいます。

歌舞伎役者の海老蔵さんの奥様が、先日お亡くなりになられました。
ネット記事で見たのですが、その後、数日しか経っていないのに子供を連れてディズニーランドに行ったそうで、それを知ったある人が、海老蔵さんの行動についてネット上で大きく批判したようです。

ヤバイぞ。大丈夫かと考える営業マン

この行動を批判する人は、何がしたいんだろうかと疑問に思います。
自分の妻が死んだら、喪に服するのが普通かもしれませんが、悲しい気持ちが一杯になっている子供の気持ちを明るくしてあげたいという親心と思えばよいだけだと私個人は思います。

海老蔵さんの肩を持つわけでもなく普通はそう思うと思います。
勿論、海老蔵さん本人も子供と一緒に楽しむわけですが、それは海老蔵さん自身の悲しみも子供に救ってもらっているということでもあると思います。

身内が死ぬのは本当につらい事です。経験があればわかりますよね?
親心を否定するのは、あまりに教養がなさすぎだと思います。
身内が死んだら、なぜ暗い気持ちでずっと生きていかないといけないのでしょうか。
楽しいことをしてはいけないのでしょうか。
そういった固定概念を、誰から学んだんだのでしょう?
その考えは人として親として正しいと言えるのでしょうか?

こういった子供を想って行動をしている人を匿名を利用して批難する人は、ホント視野の狭い人だと思います。

私の個人的見解ですが、身内が死んで家庭が暗く落ち込んでも、死んだ人は戻ってきません。

であれば、死んだ人に対し残された家族が、それを機に気持ちを良い意味で入れ替え、私たちは幸せに過ごしています!と胸を張って生きたほうが素晴らしいことだと思います。

仮に私が死んで残った家族が暗い生活をしていたら、私は「このばかたれが!」と怒鳴ると思いますよ(笑)
今までの自分との思い出は大切にしてもらえればうれしいのかもしれないけど、これからのみんなの人生、自分たちの楽しいことを自由にたくさんしてほしいと思うはずです。
なぜって、私は家族が大好きだからです。

家族

海老蔵さんも同じかどうかわからないけれど、子どものために頑張っているんだと思いたいし、不幸があってもがんばっているんだなって気持ちで、温かく見守っているくらいでいいのではないでしょうか。

だれだって、好きで不幸に直面する人はいません。

このように前向きに頑張っている行動を批難する人自身に、本来は問題があり、非難している人の意見に追随する人は、もっと問題がある人なのです。
そういった自覚を持つべきです。
非難されるべきは、ネット上にこういった批判を公表している人なのだと強く思います。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次