MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

投資不動産の購入は気を付けよう【府中市の不動産屋さん】

投資物件を売る会社で、凄い営業トークをしているのを知り、正直、びっくりしました(笑)

「年収200万円の人でも融資を受けて、投資物件を購入することができます!」

お任せください!の営業マン
買えますからお任せ下さい!ってバカだろ???

「当社独自の調査で、融資可能な金融機関を見つけたのでご相談ください!」
バカだろ、こいつ。
あぁ、またもや本音ですみません(笑)

この会社もきっと危ないんだろうなぁと、思わずにはいられません。
今は、投資利回りも低くなっているので、サラリーマン大家を目指しいる方は、投資用不動産の購入は危険だし、見送った方がいいです。
あぁ、営業妨害ですみません、、、(笑)

ん?よくわからない営業マン
売って何がいけないんだよ

年収200万円(手取額はおおむね160万円、月13.3万円くらい)の人が、投資用物件を購入したら、ほぼ破たん街道まっしぐらです。不動産会社はそんなことを知っているのに、平気で営業できる根性がすごいですね。

実際に破たんしている人の多くは、年収700~1000万円くらいの人が多いようです。
年収が多い人は、営業マンにおだてられると、すぐその気になっちゃうそうです。
しかも、不動産投資の知識がない人が多いらしいので、
不動産営業マンが、
1.ローン返済シミュレーションと物件サンプルがある会場を見せます。
2.その後に簡単な説明をすれば、ほんの2時間程度で不動産売買契約書に実印を押してくれるというのですから恐ろしいものです。
入社したばかりの新人でもけっこう簡単に契約できるそうです、、、。
ホントかウソかわからないけど、あながちウソでもないそうです。
サラリーマン大家は『経営』なので、経営の視点がないと、すぐだめになります。
甘く見ていると、人生終了です。この意味がちゃんと理解出来たら、安易に投資用不動産を買おうなどとは思えなくなります。

ん?よくわからない営業マン
売って何がいけないんだよ

年収200万円の人は、手取りで160万円くらいです。
それを基に自分の生活を考えると、自分の家賃月額6万円 年間72万円として残り88万円。
水道光熱費月額1万円 年間12万円として残り76万円。
食費等が月額6万円 年間72万円として残り4万円。
最後に、スマホやお小遣い考えたら、残り0円というかマイナスですよね?

う~ん。金利上昇したらどうすんだろう、、、。
空室が2室出たらどうすんの?
リフォームしないと次の人は借りてくれない事がほとんどです。(きれいな状態ならともかく。)
こうなった瞬間にローン返済が出来なくなって、完全に無理です。
それなのに、200万円の年収があれば投資用物件が購入できますよって言われてもねぇ、、、。
大馬鹿やろうとしか言えません(笑)

もっと怖いのは出口戦略を考えていないことです。
出口戦略とは「売却までの戦略」のことを言いますが、購入時の元手は回収できず、アパートローンが数千万円残るのです。
つまり売れないのです。
だから自己破産しかないわけです。
ちゃんと考えずに投資不動産を購入した人は、不動産屋(建築会社)を儲けさせるために利用されただけです。
皆さんは、自分の欲に負けて「将来豊かな生活ができると錯覚して」一時の損を取るつもりになるのですが、それが大失敗を招きます。

不動産会社は、自社のみの目先の利益を追うのではなく、購入するお客様のリスク予測を隠さずにアドバイスをし、リスクがある場合には、物件を売るような行為を慎むべきだと思いますが、商売なのでそんな発想はありません。

ウソが平気な営業マン

そもそも購入する人の多くは、出口戦略の発想がありません。
賃貸オーナーは経営者だから自己責任です。

困った時、不動産業者はだれも助けてくれません、、、。

不動産会社は、買ってもらった後の事は関係ありません。
買った人が自己破産しようが、のたれ死のうが、買った人の自己責任なんだから。
不動産会社は、売れたときに儲かればそれでいいのです。
あ~こわいですね。

ウソが平気な営業マン

中古の投資用物件の場合、満室経営のほうが印象が良いので、
売主自身が、自分の家族や社員等を物件が売れるまで入居させて、売れた後、一斉に退去させるケースがあるので、注意した方が良いです。
これも、より高く売るための「だましてテクニック」なのです。

買うのも売るのも、お客様が最終決定しますが、不動産屋がその判断を間違わせるようなアドバイスをしたら情弱な人は道を外してしまうこともあるのです。

街は不動産で成り立っているように、不動産屋さんは皆さんのライフパートナーであり、皆さんの生活を守るために存在しなくてはいけません。
それでないと存在意義なんてありません。
売るだけ、買わせるだけの不動産屋なんて必要ないのです。

お任せください!の営業マン
買えますからお任せ下さい!ってバカだろ???

現金を相当に多く持っていて、相続税対策等が必要なため、資産の評価を下げたい理由などであれば、理にかなっている部分もあるので、その点では否定しません。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次