買い替え相談 増えています

最近では良いペースで空き時間が取れていたので、勉強に回す時間が取れていたのですが、ここのところで、急に買い替え相談が増えてまいりました。

これは勉強どころではないのかもしれません、、、(笑)。

 

いっつもお話しがある時はまとまってやってきます。

不思議だなぁ~と思っています。

 

 

お客様のペースで!

2か月ほど前、売却か賃貸かで迷われているお客様がいらっしゃったのですが、その方も、気が付けばもう2ヶ月くらい経過しています。先日電話をしたのですが、お出にならなかったので、多分事情もあってすぐに動けないのだろうと私なりの解釈をしつつ(笑)、少ししたらまたご連絡をしてみようかなと思っています。

煽るようなことは決してしたくありません(笑)。

 

で、ついこの間のお客様は買い替え希望のお問合せでした。

 

そして、今回もまたもや買い替え希望のお客様からのお問い合せという事で、不動産仲介業務をする私にとっては、とてもうれしいことです。

この買い替えというのは、とてもやりがいのある楽しい業務なのであります(笑)。

 

買い替えで私が一番大切にすることは、お客様のペースを守る事であり、お客様が後悔の念を後で持たないようにする事です。

 

お取引の状況によっては私から「こうしてください。」とお願いをするケースがあります。

というのは、不動産取引は相手がいるお取引ですから、双方に不測の事態が生じた結果、お客様が大変な思いをすることになるからです。

 

プロとしてはその様なことを未然に防ぐのは当然のこと、という事になります。

 

 

売却先行。購入先行。

買い替えの際に注意しておきたいのは、売却を先行していいのか、購入を先行するべきなのかです。

これについては、お客様が10人いれば、10人共に違った答えがあるので、一概にどっちがいいという事はできません。

そのやり方には、メリットとデメリットが共存しているからです。

 

私の経験上、売却活動を先にスタートして購入も合わせて並行して進めていくお客様が多いかもしれません。

 

 

買替えはタイミングがあるので、そのタイミングをピタッとさせるには運もあります。

タイミングが合わない場合には、タイミングをずらせばいいだけの事なのですが、どんな状況になった場合でも事前にどのようにするかを決めておきさえすれば、どんなことが起ころうと怖くはありません。

 

不安になった時は、なんでも質問していただければ、そのほとんどの不安事項が回避可能だったりします。

 

 

売却査定(見積もり)は厳しめに

売却額については、厳しめに設定するのが吉です。

というのは、後でお金が足りないとならないようにするためです。

 

仮に100円で売れる予想が立つのであれば、90円を固いところで成約想定価格としておけば、後々の計画で大きな誤差は出ない事でしょう。

余裕のある計画を立てることが、人生にゆとりをもたらすんじゃないかな?と私はいつも思っています。

 

と心では理解できていても、なかなか余裕を持った計画ができない人もいらっしゃいます。

注意しましょう。

 

 

まとめましょう!

売主の立場になる皆様は条件よく売りたいはずですし、購入する皆様は条件よく買いたいはずですから、私もご依頼をいただければ皆様のメリットのために誠実に活動いたします。

価格は最重要ポイントにはなるのですが、それ以外にもポイントとなる部分は多いのです。

 

ーーーー

売主となる皆様が気にすべきは以下のことです。

 

・余裕を持ったプランニングをしましょう。

・売却する自宅は商品であり、価値を決めるのは一般市場にいる皆様です。

 過大評価するよりも過小評価が吉です。

・状況を見ながら冷静な判断をしましょう。

 

買主となる皆様が気にすべきは以下の事です。

 

・余裕を持ったプランニングをしましょう。

・物件が魅力的であってもデメリットがあるかもしれませんから冷静になりましょう。

・特に価格面で折り合わない場合には無理は禁物です。

・リフォーム費用や諸費用も充分に考慮しましょう。

・しつこいですが、とにかく冷静に穏やかに判断しましょう。

 

焦るとろくなことがありません。

特に、悪徳営業マンに煽られて、冷静な判断を失ったら負けです。

 

 

わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう!
わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう!
ポータルサイトの物件全てのリスクチェック!
ポータルサイトの物件全てのリスクチェック!