MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

建築営業。契約取れれば、こっちのものよ、、、【府中市の不動産屋さん】

契約が一番大切だろ!営業マン
目次

レオパレス施工不良 発端は「当時の社長指示」

本日の日経新聞にこんな記事がありました。

タイトル::レオパレス施工不良 発端は「当時の社長指示」 
レオパレス21は3月18日、施工不良のアパートが見つかった問題で外部調査委員会の中間報告書を公表したそうです。
原因や背景となる問題は「組織的・構造的に存在していた」と指摘しました。
仕様と異なる部材が使われていたアパートでは「当時の社長の指示」だったとしている。

きたーーー。

ウソがばれると怖いです

がっかり落ち込みます

私は小心者だから、ウソがつけません(笑)

あとが、怖いもの。
ずっと、引きずるもの。

ウソをついて、それがばれたときの相手方の怒りよう、、、。
想像しただけで恐ろしいです。

個人間のちょっとしたことだって信頼を失うものなのに、レオパレスの社長はアパート数千万円とか数億円の建築で、こうも簡単にウソつけるのはすごいことです。
ちなみに責任問題になった場合どうなるのだろう。このくらいの大きな会社の社長くらいの年収があれば、そのお金をどこかに隠しておけば、退職したところで痛くもかゆくもないのだし、現役の時にウソをついてでも稼いだ人間が得をするのでしょうか。
それもおかしい気がしますね。
仮に損害賠償請求をされても資産を隠していれば、被害者はどうにもできません。
こういう事が、ごく普通にまかり通るのだからすごい世の中です。
不動産業界に生きる人たちの倫理観は、どうかしていますね。

ビクビク人生はあまりに不安です

めっちゃ絶望中

世間で、勝ち組、負け組という言葉がありますが、ウソをついて成り上がった勝ち組は、不正がばれないかビクビクして生きてるのでしょうか。
ウソ営業トークをしている営業マンだって、録音証拠があったらどうしようとか考えないのでしょうか。
そんな嘘で成り上がった人は、給与収入がたくさんあったとしても、心の安らぎを感じられることはないのではないでしょうか。
それって、本当に勝ち組なのかな、、、と、私は思います。

ことレオパレス21に関しては、やっぱりひどいすぎます。
社長自らが率先して不正をしていたというのだから、組織全体が腐っていたということなのでしょう。
他の建設業者やサブリース会社もひどいところがありますが、人を騙さないと成り立たないようなビジネスは社会的に抹殺したほうが良いのです。
被害にあわれた方は気の毒ですが、大家さんになる人は勉強しないといけないと思います。
騙されて悲しい想いをするのは自分であり家族なのですから。

会社規模、ネームバリューに騙されてはいけません

驚く女性

私が今でもよく聞く言葉ですが「あの会社は大きいから不正はしないはずだ、、、。」

その根拠のない根拠。
そして根拠のない自信。
どこからくるのか不思議で仕方がありません。

不正をするかしないかは、会社規模で決めつけるのではなく、働いている人(対応をしてくれる人)をしっかり見て、お客様自身が厳しい選球眼を持たなければ、自分や家族を守ることはできません。
自分の家族を大切にするという強い気持ちがあれば、自分が何をすればよいかおのずとわかるはずです。
それ、とっても重要なことです!

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次