MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

不動産仲介業界の決算月終了ですね。【府中市の不動産屋さん】

いいねそれ!
目次

3月決算月が本日で終了ですね。

平成31年の世間一般の決算月である本月は3月。本日で終わりましたね。

府中市のしがない不動産屋さんである「わいわいさん(私)」は、今日は楽しく1万歩くらい歩きました(笑)
不動産仲介業界も他業界と変わらず、決算月が多かったかと思います。

そして、本日、平成31年3月が終了し、明日から平成31年4月になり新年度の始まりです。
ここでやはり新年号は気になりますね。
いよいよ明日発表ですね。

当社は、9月決算なので、3月に何が何でも売上をぶち込め!という概念はないし、そもそも決算月であっても売上をねじ込もうなんてことがさらさらありません(笑)
なぜなら、自社の売上よりもお客様の事を最優先に考えるからです。
赤字は嫌だけど赤字でも仕方がないし、黒字なら黒字のほうが良いというように、素直な心でいたいと思います(笑)

不動産仲介業界の裏側はホントにえげつないね

背中で語ります

今日は、不動産仲介業界の裏側をたくさん聞いてきました。
(府中市の不動産屋どうしでもかなりきつい事やったんだろうなと思います。)

今までの点と点が1本の線になったのですが、不動産仲介業界(大手)は裏側では汚く卑劣な事をやっているなぁと思いました。
ありえない悪知恵レベルです。
まさかの大手不動産仲介S社の担当者も、それはひどすぎる!と言ってました(笑)

年度末のこの日に、その事が明確にわかったというのは、多分来期に向けて、このような悪徳大手不動産仲介会社のことを暴露しろと神様(がいるかどうかは知りませんが)が言っているのではないかと思えるくらいのタイミングです。
このような行為を一般の皆さまが知ったら、また言われるでしょうね。

「不動産屋は信用できない、、、。」
「大手、、、?ふざけんなよ。大手の看板に隠れて悪さしているんだろ?」
「いいかげんバレているんだから、うんざりしてまぁーす。」

私のように、真摯な人もいるんだけどね(笑)

今日もすごく思ったけれど、大手の不動産仲介営業マンは、自分のノルマを達成させるために必死なんだなと思いました。
本当はお客様を騙している自覚があっても、ノルマと戦っている営業社員は心が曇っているから、お客様に対する謙虚さはなくなっているのです。
しょせん大手や、そこに働く人たちの「人としての良識の限界」だと思いました。
一社員としてやっている立場もあるし、お気の毒です。
(根っからの悪い人ではないのだろうけど、周りの意見に流されないと自分の居場所がなくなってしまうのでしょう(笑))

不動産営業マンに、信義・誠意なんてない?

人生真っ暗です

本日お会いした不動産仲介業者の方との会話で、今回のトラブル話しをぼやかして聞いてみたところ「ありえないですね。」という意見でしたし、やっぱり私のやっていることは筋が通っていることがわかります。

弁護士先生に今回の件を相談しても、私の方が分があるし、裁判的な事をやれば勝てると思いますという意見でした。
しかし証拠を出すという作業が大変なので、結局は裁判で戦うことはありません。
なぜなら、そんなことをすること自体、私が面倒だからです(笑)
ホント、悪い事をしてでも儲けたもん勝ちの世の中なんだなぁとつくづく思ってしまいます。

不動産の契約書には、このような文言があります。
↓↓↓↓↓↓↓↓
本契約書に定めのない事項については、民法、その他関係法規および不動産取引の慣行に従い、売主、買主は互いに信義を重んじ、誠意をもって協議します。

売主、買主にはこういう約束を求めるのに、不動産業者間では求めないんか~い。って話しです(笑)
こういった、お互いを守るなんて約束事は、不動産業者間では存在しないということがわかります。

彼ら大手不動産仲介会社にとってはノルマ達成が一番大切であり、他社(今回は当社)など、どうでもよいのです。
人の利益であったとしても、自分たちの利益にするために、後付けで自分たちを守る書類を作成し、人の利益をぶんどる事こそが彼らの正義なのです。
不法行為という認識はないのです(笑)

私は、お客様には笑顔になってもらいたいと思うし、相手がいる前ではいちいちそんなことは言わないけども、相手がこちらに対してやっていることはひどいのです。
でもね。

私も理解しているんですよ。
お取引をちゃんと最後まで安心して進めていくためには、相手を攻撃しても意味がないことを。
お互いに協力するところは協力して進めていかないと、円満に進めることはできません。
だから、やっぱり協力する事がお客様のためにも、自分たちのためにも、正しいことになるのだと思いますから、臭いものにはフタをするしかないのです。

トラブルがあれば、大手不動産仲介会社が責任をとるはずがない

ウソが平気、ずるがしこい営業マン

だから、トラブルが発生したときには、彼ら(大手不動産仲介会社)が言うことはいの一番にこれです。

(最初に、書類で逃げ道を作っておいて)自分たちは悪くない!

はいはい。わかりました。
はいはい。そうですね。

こうやって、当社と大手の考え方は平行線のまま、お互いに意見が交わるところはありません、、、。

最後に、本日は3月決算月。
真面目に楽しく業務をされた方たちは、良い日になったでしょうし、汚い手で売上を上げた人たちにとっても、今日の売上は良いものになったのでしょうね。
よくできるね、、、人をだまして自分の利益を最大化する努力をすることを(笑)

私としてはいろんなことがあっても楽しく過ごせています(笑)
だって、毎日を楽しく過ごすことだけが趣味なのだから、、、。
府中市に根付く不動産屋さんは、今日も楽しく店じまいをしました、、、(笑)

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次