MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

建設(住宅)業界。内部告発はこわいです【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

上司に説教されています
目次

上司がすべて正しいわけではありません

こうやって、普段から部下に厳しくしている上司も、世間の正しい意見を表だって当てられると、まったく太刀打ちも出来ず、ただ謝るのみ、、、(笑)
普段は会社での役職(優越地位)を利用して正論ぶった事ばかり言う、部下だけに強い上司なんか必要ありません(笑)

ほんと、住宅関連業界の倫理観はどうなってんのかね。
お客様に損をさせても、自分さえよければ良いのだろうか。
業界の慣例という言葉では済まされません、、、。

建設業界不正、便乗内部告発

告発します

最近、レオパレスが施工不良があって、元々1000棟以上の不正建築があったのに、ここ数日前にも更に1000棟以上の不正建築が発覚しました。
もう、会社組織として終わっている感じを受けるのですが、皆さんはどう思いますかね(笑)

なんかの記事には「次は大東建託だ!」なんて記事もありましたが、投資用不動産(特にアパートとマンションですが、その他にも一戸建てもある)については、お客様の利益よりも、不動産業者自身の儲けが大切という事になっていって、本来プロとしてしなければならない義務がおざなりになってしまっているんだと思います。

昨日の記事では「ダイワハウス」の不正(2000棟以上が建築基準法に適合しない賃貸マンションと一戸建)が発表されました。
ダイワハウスと言えばハウスメーカーのリーディングカンパニーの一つです。
そのダイワハウスが、設計士の仕様認識が足りていなかったというような発言をしていたんだと思いますが、これだけ社会に影響を与えるべき大きな会社が、このような認識でよいのかなと思います。

どうやら、国土交通大臣の認定なんちゃら工法というものを受けているという事もあって、建築基準法に対する認識不足と言うのが大きな原因でもあったようで、組織的な悪意ある隠蔽とはちょっと違うようではありますが、それでも、ホント笑えない話しです。

こうなると、他のプレハブ工法の似たような会社でも同じような事が出てくるかもしれませんね。
という事は、府中市内にあるこういったハウスメーカーが建築した建物は、そういった可能性があるんでしょうね。

法人にとっては一仕事。個人にとっては一大事。

やばいな、、、、。困惑する営業マン

法人(建設会社)とお客様個人の、こういう認識のずれは大きいです。

建設(不動産)会社の人にとっては、日常仕事の一部にすぎない行為。
淡々と手続きを進めていくだけのもの。

お客様個人にとっては、人生をかけての大イベント。
家族の幸せのためであり、人生の基盤そのもの。

まったく、根本の考えは違ったりしています。

お客様の事を、自分の人生と同等に真剣に考えられるのなら、こういった不正行為が野放しになることがありえませえん、、、、。

学校の先生もそうだけど、上司がビクビクする時代?

耳が痛い会社上司
聞きたくない、聞きたくない。駄々をこねる上司

ほんとは、部下たちは上司にビビる必要がないのかもしれません。
その会社を辞めてもいいという覚悟が本気であれば、上司の不正を表に出せるのです。

社内の不正を出されて困るのは、本当はだれでしょうか?
訴える人ですか?
訴えられた上司ですか?
訴えられた会社ですか?
一蓮托生の会社と自分ですか?
よく考えればわかる事です。

今時、終身雇用もないのに一蓮托生なんて言葉自体、関係ないと思います。

実際、この前どこかの会社が45歳の社員に一斉リストラを宣告したみたいな記事がありました。
ある程度の業務遂行能力がなければ、会社は面倒見ないというスタンスをあからさまに出してきているのだから、社員は、本当に自分がすっきりと仕事がしたいのであれば、毎日正しい意見をぶつけていけば良いのではないかと思ったりもしますが、正論が通用しないのが会社です。
全体のバランスを考慮すると、正論が正論として扱えないのです。
そうなると、言うだけ無駄という事になりかねず、長いものに巻かれる方が楽なのかもしれません。

そのうちに、会社・上司・自分との共謀関係が出来上がってしまい、内部告発などできなくなるのです。
その結果、腐っていく自分を甘んじて受け入れるのか、自分の真価が問われるのかもしれません。

膿をすべて出し切ってもらいたいものです

会社の上層部が、会社の方向性を考えていますが、やっぱり、会社の発展を考えることは必要だし、会社が大きいからこそ社員も多いので、不正をする社員をどの様にコントロールするのかも真剣に考える必要があります。

部下は人事評価などで不正を極力できないような監視体制がありますが、上司や役員は立場が違うので、自分の襟を正して不正に加担しない事が大切です。

表向き、上司は正論を言いますが、事の善悪については社員の判断にゆだね、結果のみ追求する上司。
部下が悪い行為をしたとしても良い結果が出れば褒められ、悪い結果が出ればその時はズバッと切る。
そんなやり方はダメだと思います。

ほんと、建設(不動産)業者は、内部告発をバンバンして、一旦業界をクリーンにした方が良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次