不安をあおりすぎるのもいかがなものかと、、、

リスクのない人生はありません

人は生まれてくると、必ずリスクを背負います。

 

 

【いろんな事実】

・生まれた赤ちゃんは、親が世話をしなければ、すぐに死んじゃいます。

・交通ルールを知らない子供は車にぶつかるリスクがあります。

・知識がない子供は、おなかが減れば何でも食べてしまいます。危険です。

・空から何かが飛んできてぶつかるかもしれません。

・穴があって落ちるかもしれません。

・自転車が突っ込んでくるかもしれません。

・地震、火災が起こるかもしれません。

・不審者が現れるかもしれません。

・みんなで宴会に行ったら食中毒に合うかもしれません。

・飛行機、電車などの公共の乗り物が事故にあうかもしれません。

・大雨で、地下鉄が浸水して溺れるかもしれません。

・泥棒に入られるかもしれません。

 

自分が生まれた瞬間に、様々なリスクが現実に発生する可能性があります。

人生には、たくさんのリスクがあります。

しかし、リスクが怖いからと言って、無視してはいけません。

冷静に客観的にリスクを知ることで、リスクから自分を守り、家族を守ることを学びとり、リスク発生に対処できるように学び、総じて損をしないための対処ができるようにすることが大切なのです。

 

リスクからは逃げられません。

人が生きている以上、どうしようもないことなのですから。

 

 

でも、リスクをあおりすぎるのもね、、、

最近、リスクをあおる文章が多いような気がします。

不動産関連で言うと、地震、火災、浸水リスクです。

これは、必要以上に不安をあおるのは良くないことですが、事実知っておくべきことです。

 

しかし、それらをあまりにリスクである!!!!と豪語している人がいるのは、

それはさすがに言い過ぎだろうと思ったりもします。

 

例えば、足立区、葛飾区、江東区、江戸川区、春日部市などのほぼ全域が浸水想定エリア内だろうと思われますが、必ずやばい!みたいな意見を発信している記事を見たりすることがあります。

 

たしかに、リスクが現実となれば怖いです。

 

だから、そこに住まないというのが簡単な選択肢になるのでしょうけど、

そういったリスクがある地域なのであれば、国や行政が災害が起こらないように、治水工事をするとかいろいろとやれることがあるのではないかと思うのです。

 

既に、何万人という人がそこに生活をしているのに、今になって浸水想定のハザードマップを出されても、どうしようもないでしょ?

(実はかなり前からはザードマップ情報は出されているようですが、浸水想定エリアに家をどんどん建築させた行政には必ず一定の責任はあるはずなのです。)

行政が、その不動産をすべて買い上げてくれるのであれば、住民大移動ができるだろうけど、事実不可能でしょ?

 

であるなら、行政がリスクを知っているなら、行政が公共投資として、治水工事をどんどん進めてくれれば解決すると思うんだよね。

そうすれば、地域経済もその工事分は潤って、景気は今よりも良くなるでしょ?

 

府中市であれば多摩川沿いのサイクリングロードの治水工事をより安全を考慮して対策してもらいたいものです。

そうすれば、今よりさらに安心して生活ができるでしょ?

不動産の価値は極端に上がることはないにしても下がることもないと思います。

お金は当然かかることなのだけど、国と行政が人の命を守るために必要な財政出動はしていかないといけないことだと思います。

 

危険だ!危険だ!

 

そんなことを言うことはたやすい。

 

もちろん、言う言わないの選択だったら、言うことにより啓蒙活動にもなるから、どんどん言うべきなんだけど、もう少し言い方考えたほうが良いのではないかな、、、って感じがすることもあります。

でも、その人は正しいことを言っていると私は思っているので、国、行政、世の中の対応が変わっていくと良いのだけどなぁと思います。

 

でも、不安をただ煽るような報道になるだけなら、言っている意味はないかなと思ったりもします。

ホント、自己主張をするって難しいものです。

 

 

備えるためにリスクを知る

リスクを知ることは、自分の生活を守るためです。

そのように、プラスに考えて行動することができればいいのです。

 

先日テレビで放送していたのですが、バカか!と思ったことがあります。

 

校庭で小学生が体育の授業をしていました。

地震が発生しました。(練習)

 

その時、小学生はどのように行動したのか?

そうです。

そのほとんどの小学生は、教室にダッシュで戻って、机の下に入ったのです、、、。

なぜその行動をしたのかと聞くと、「そのように教わったから。」

(==;)

あまりにも、その頭の回路がバカすぎて、やばいと思いました。

 

バカすぎるのは小学生もそうなのですが、そのように教育をしている先生方(つまり、国と行政の教育方針)がバカすぎるのです。

 

校庭にいれば、倒壊物のない校庭の真ん中が一番安全なのです。

にもかかわらず、教育指導として机の下にもぐる!という指導をしているのです。

 

教室にいるときは、やむなく机の下に体を隠すというのは理にかなっていますが、外にいるのだったら、あえて危険な倒壊物がたくさんある教室まで行く必要はないとなぜ教えないのでしょうか?

 

先生は、テキストに書いてあることをただ読み上げればいいのか?と思えてしまった瞬間でした。

 

机の下になぜ潜らないといけないのか?

その理由を明確に教えていないからこのような馬鹿なことが起こるわけです。

何かをするときには、理由が必ずあり、理にかなっているかどうかを一人一人が自分で考える力がないといけないと思います。

 

先生方には、子供が自分で考えることができるように教えてもらいたいと思いますし、国と行政がそのような指導要綱を作って、教育をしていくようにしてもらいたいと感じました。

究極は自分で生きていく力をつけさせることこそ国力になるのだと思います。

 

子供は宝です。

子供には、正しく、リスクへの対処方法を教えてほしいものです。

人生の一番のリスクは「自分で考えることができず、自分の考えで行動ができない」ことだと私は思います。

 

 

まとめると

リスクがあると言って、ただ怖がって逃げるのはダメです。

何の成長もない人に育ってしまいます。

 

そのリスクに対して、どうやったら対処できるのかを考えることができる能力が必要です。

自分で考えて、その時々の状況に合わせて、今どんな行動が必要とされているのかを考えて、最適な行動ができるように、日々練習しないといけません。

 

子供は時に(精神的な面で)突き放すことは必要です。

そのかわり、うまくできたときは、思いっきり「よくできたね!」とほめてあげるのです。

できなかったときは、なんでできなかったんだろうと考えさせることが大切です。

 

大人だって、褒められたらうれしいと思います。

私なんか、いまだに褒められたらうれしいですよ(笑)。

 

褒めてくれる人なんていないけど、、、(笑)。

 

 

スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
土地情報をいち早く欲しい方向け
土地情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
府中市・近隣市区のマンションの資産価値
マンション売出事例がわかる