今後のマンション価格? 物件価格と金利の影響

23区のマンション価格の中期予測(府中は参考程度になります)

(一財)日本不動産研究所(昭和34年から不動産の調査研究・鑑定評価を行っている財団法人)が、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を発表しています。

<日本不動産研究所>http://www.reinet.or.jp/

 

こちらの発表によると、2021年以降のマンション価格は「微減する」という予測です。

2020年のマンション価格は、107.8万円/㎡

2021年は、107.6万円/㎡

2025年は、105.5万円/㎡ という予測が発表されました。

 

例えば、75㎡のマンションを想定すると、

2020年に8,085万円のマンションが、

2025年には7,912万円になることになります。

その差額は、173万円の価格減少となります。

誤差の範囲程度で、大した差にはなりませんね。

※その理由は、成約数は減っても価格を下げないというデベロッパーの方針のためと言われています。

 

 

住宅ローン金利の推移

マンション購入において、注視すべき要素が「住宅ローンの金利」です。

 

近年は超低金利といわれる状況が続いていましたが、ここ数か月は若干の金利上昇が続いています。

例えば、8,000万円を35年で借り入れた場合、6年目に金利が0.1%上昇してしまっていれば、マンション購入価格が173万円下がったとしても、ローンの総支払額が103万円程度上昇してしまいます。

 

金利上昇は住宅購入において重要な要素になるということですね。

 

マンション価格の値下がりを待って、6年目の住宅購入を検討するとします。

現在のお住まいが月額15万円の賃貸だった場合、900万円を家賃支払いに充てることになります。

900万円の資金を投下して、173万円の値下がりを待った結果、ローンの総支払額は70万円しか減らなかった、という理論値がでました。

 

う~ん、微妙な感じです。

 

 

ポイントになるのは、住宅ローン金利の動向です。

 

6年目も現状の低金利が継続するのであれば、慌てることなく6年目の購入を検討する余地があると言えますし、金利が上がってしまっていた場合には、待っていた時間と費用がダブルパンチになります。

 

結論は、毎度同じなのですが、無理のない予算を考慮し、欲しい時に買う。

だって、自分が住むんだもの、、、、。

人生の時間は有限です。

納得できるタイミングで買うべきですね。

 

 

マンション購入のポイント

マンション価格や金利動向も踏まえた結論は、「資産価値の下落しにくい物件を選ぶ」という投資目線があると良いです。

 

日本不動産研究所の中期予測は、東京23区の平均値となっていますが、

・駅近なのか

・新耐震なのか

・浸水などのハザードリスクはないか

などの要素によって、価格の下落率は変わります。

 

住宅購入を検討されている方には、現状の低金利の住宅ローンを活用しながら、資産価値の下落しにくい物件を選んでいただくことがベストかと思います。

 

そこで!

 

 

資産価値が下落しづらいマンションを調べるには

細かく書けばきりがないので、一言で済ませるなら、立地が良い人気のあるマンションは資産価値が下落しづらいと言えます。

立地が悪くて人気があるマンションは、中長期的には資産価値がだらだらと下がってくる可能性があると思われます。理由は人口動向と街が持っているパワーです。

 

だけど、、、。

駅近にこだわらなければならないということでもありません。

人それぞれ価値観が違うのですから、自分に合った物件を選ぶべきです。

 

 

当社が提供する「SelFin」(無料アプリ)では、「資産価値」という面に着目しながら、駅距離や街力、管理状況などを総合的に判定するシステムを採用しています。

ぜひ、「SelFin」(無料アプリ)をご活用いただき、お住まい購入にお役立ていただければと思います。

 

また、実際に気になる物件がありましたら、お気軽に「わいわいアットホーム」までお問合せください。

経験豊富な不動産コンサルティングマスターが、個別に目利きをしたうえでアドバイスをさせていただきます。

 

 

スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
土地情報をいち早く欲しい方向け
土地情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
府中市・近隣市区のマンションの資産価値
マンション売出事例がわかる