MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

不動産の売却がたくさん。ここ最近、忙しすぎて鬱になりそう(笑)【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

いそがしい
目次

久々のブログ更新です

いやいや。おかげさまで、あまりの忙しさに鬱になりそうな感じ(笑)
今日は、不動産購入申込みが2件入りました。
売主様の事情があってほぼ未公開での販売物件と、約1年くらい前から委任を受けていた物件の2つです。

府中市若松町のほぼ未公開の物件

喜ぶ営業マン

売主様のご事情にそって売りに出している物件ですが、情報をシッカリと公開ができない物件でした。
売主様のご事情を考慮しつつも、活動としては早めにやっておいた方が良いので、宅建業法に違反せず、売主様が納得される段取りで売却活動を始め、本日お問い合わせがあったので、お客様のお時間を調整していただいて、ご自宅へお迎えに上がりました。
物件を見ていただき、立地、建物の状態、その他もろもろを気に入っていただけました。
お客様曰く、ベストマッチングです!と絶賛されたので、とてもうれしい気持ちです。

売主様へご報告したときに、とっても喜んで頂けたので、本当に良かったと思います。
と言っても、まだ不動産売買契約を締結をしているわけではありません。
この後、諸事情によっては契約締結ができなくなることもあるので、契約締結ができる下準備がしっかりとできるまでは、焦らずに状況を見据えていきたいと思っています。

府中市四谷のけっこう大きな土地

こちらは、結構大きな土地でして、68坪の整形地でした。
大手不動産仲介会社が、この近辺で委任を受けていた「ほぼ同規模の土地」は、買取業者行きになったので、通常の価格よりもかなり安い価格(いわゆる卸値)での売却処分となったのですが、今回、当方の売主様は売り急ぐ理由もないし、私自身がノルマがないので焦って売却させる理由もありません。

となると、適正価格を付けて、ニーズのあるお客様に購入していただければよいのです。
なので、かれこれ1年近くが経過したのですが、ようやく不動産購入申し込みをいただきました。

実際に、これだけの規模の土地は、一般流通することが少ないですから、ある意味希少な不動産ということでもあるので、これを見つけたお客様はとてもうれしかったでしょうね。
なにより、当方の売主様には、とても喜んでいただけました。
私が思うに、売主様が長期にわたり、我慢強く耐えられたからこその賜物だなと思うのです。
本当に良かった!
そして、私をお話しが入るまで信頼してくれて本当にうれしいし、ありがたく思いました。

喜ぶ営業マン

こういう時、当社は売り急がせることがないので、売主様にも十分に納得できる金額で売却ができるし、買主様にとっても適正価格であり、変に高値というわけではないのですから、双方にとってもとても良いお取引ができた!ということになると思います。
ホント、ご縁だなあって思います。

コロナ禍と緊急事態宣言解除から

緊急事態宣言が発出されてからというもの、当社ではそれほど変化はありませんでしたが、大手不動産仲介業者さんでは、取引数が通常の30%くらいとかいう話しもあるらしく、先日、大手の営業マンに話しを聞いた時、かなりへこんでました。

う~む。まいったなの営業マン

その方曰く「理論的には、人員削減か給料大幅カットのどちらかを会社が検討しているみたいです。」と言ってました。
なんだか恐ろしいなぁと思いました。
コロナ禍で、かなりの人たちが精神的にも参っているし、不動産仲介業界に限らず、特に飲食店は大打撃で、相当に追い詰められているのだと思います。

なので、私は社会情勢を心配しているのですが、その半面で緊急事態宣言の解除に伴ってお客様の動きがとても活発化している状況があります。
たぶん、、、、ですが、不動産を探す良いタイミングになったのかなという感じがあります。

ある意味、ステイホームでストレスをためていた人たちが、自分たちのストレスを良い意味で発散させることにも繋がっているのかなとも感じます。
ここ最近は、価格がなんとなく落ち着いてきてる感じがあるので、このタイミングで良い不動産があれば購入したいと考えている人が潜在的にかなり多くいるのだなぁ(いたのだなぁ)と感じました。

緊急事態宣言が解除された後、最近の東京では毎日50人くらいの無症状や軽症のCOVID-19の感染者が出てきているようですが、症状が軽いのであれば、そこまで心配しなくても良いのかなと思ったりするわけですが、いかんせん、ウイルスの特効薬がまだないので、軽い症状であったとしても、人々の不安は払しょくできないのだろうなと思えたりします。

そんなことを受け、メディア報道の罪深さというか、報道の仕方によってこれだけの大きな不安を簡単に作り出せるのですから、メディア報道はすごいと思うと同時に、今後は「こういう対策で安心になる」といった報道をしてほしいと思います。
そして変に恐怖をあおるのではなく事実という情報提供をしてほしいと思いますし、科学的根拠も国民へ提示してほしいなと思います。

明日は府中市住吉町の不動産売却の委任を受けます

頑張る営業マン

明日は築浅(約3年ちょっとだったかな)物件の売却委任を受けます。

注文住宅で、とても素敵なおうちです。
しいて、欠点を言うなら車が置けない(置きづらい)のですが、京王線「中河原」駅徒歩4分の好立地で、買い物も通勤通学も、めちゃ便利ということで、ホントは引っ越したくないそうです(笑)

このおうちの売却委任を受けると、しばらくパッと浮かぶ売却委任はあれです。
東村山市の中古戸建です。
この後は、いったん新規の不動産売却委任は止まるので、ちょっとだけ落ち着けるかなと思います。
(といっても、今度はやや遠方の物件があるので、しっかりと対応しなくてはなのです。)

でもね、、、、特に府中市内の不動産売却はウエルカムなので、ぜひ、ご相談をお待ちしております(笑)

不動産仲介業は、信頼が最も大事。裏切らないことはさらに大事。

「信頼は大事よ。」
この言葉は、当社に来て下さったお客様全員が言われる言葉です。

アドバイスする営業マン

無名の当社(私)を信頼してくれて、良いお仕事を任せていただいて、本当にうれしく思います。
信頼をしてくれて不動産の売却委任を受ければ、それに応えたいと思うのは当然のことです。

幸いにも、当社には売上ノルマがありません。
これは、お客様(不動産を売却する方々)にとっては大きなメリットになります。
3か月ごとのノルマがありません。
6か月ごとのノルマがありません。
1年ごとのノルマがありません。
だから売主様は、営業マンの「うまい口八丁営業」を受ける必要がありません。

真実は一つ。
どうしたら条件良く不動産売却ができるのか。
これを追及するにはどうしたらよいのか。実は、簡単でシンプルなことなのです。

慌てない。
急がない。
担当者から、冷静な判断材料を説明してもらえる。
これに尽きるのです。

不動産売却をするときには、お客様自身に売却するときの心構えが必要になりますが、アドバイスを受ければ誰だって簡単にできるくらいのことです。
変にお金をかけて「リフォーム」する必要はありません。
いつもの通り、整理整頓をして、お掃除をいつも通りにするだけで良いのですが、ちょっとしたポイントを抑えれば、それ以上は不要なのです。

ご夫婦

私は、いろんなアドバイスをします。
それこそ、かなり時間をかけて説明します。
多分、これだけ詳しく説明をする不動産仲介の営業マンはいないくらい、和気あいあいと楽しい説明をします。

そして、不動産売却をするうえで、いろんな考え方を説明をしますが、自分が言われたら嫌だと感じるアドバイスはしません。
したくないのです。

お客様が得をして、その結果自分が得するなら良いのですが、お客様の利益を度外視して、自分の利益を上げるということには、とてつもない罪悪感を感じるのです。
人として当たり前のことなのだけど、罪悪感を感じる仕事は絶対にしたくないのです。

本日、府中市天神町にある不動産の売主様にもお会いしてきましたが、その際にも、売り方にはいろんな方法があることはお伝えしました。ここで考えることも同じで、当社の利益がお客様の利益にイコールにならないことがある、ということを前提に、まずはお客様利益が先に来なければいけないことを、わかりやすく説明することがとても大切であるし、これを正直に、臆面なく言えることが素晴らしいのではないかと思うのです。

解説する営業マン

信頼をしていただくために、私が大切にすることは物事の表と裏をわかりやすく説明して、全体像を俯瞰して売却に挑める知識を不動産オーナーの皆様に説明をし、お客様自身が、自分の判断ができるようになり、楽しく取引を進めていくことができるようにすることなのです。

私は、ずっとこのやり方を貫いてきましたが、これからも不動産を売却する皆様に、十分に理解を深めていただけるようにしっかりと説明をしていきたいと思っています。

ぜひ、府中市と府中市近郊で不動産売却をご検討の皆様にお役に立たせていただければ幸いです。
ということで、今日は、久々のブログが書けたので鬱にならなそうです(笑)
あぁよかった、、、、(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次