MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

不安だ!おうちの買い替えと、私の友人【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

いそがしい
目次

友人のお家の買い替えについてブログを書きます

今、府中市内で、マンションと戸建ての「買い替え」で不動産仲介をやっています。
そのお客様は私の友人です(笑)

友人S君は、ちょっと心配症。
以前、私が不動産仲介大手の社員だった時、マンションからマンションへの買い替えをさせてもらいました。
その時には「不安になってしまった!パンク気味だ!うぉ~!」という感じで連絡があったりして、私の仕事が終わった後にコメダ珈琲店とかに一緒に行って、週に1回とか2回とかいろんな話をしました(笑)
その時のS君の不安な気持ちは理解できたし、今回も前回のような不安になったらこれは大変と思ったので、今回はS君を不安な気持ちにさせることがないように、色々と対応をしていました。
今となっては楽しい思い出の1ページです(笑)

で、なんで友人の買い替えのことをブログに書いているのかというと、S君から何度も「俺のことはいつブログで書いてくれるんだよ。」と催促されたので、さすがに何か書かないといけないかもしれないと思ったので、今回、ヤッパリ本音を書くことになりました(笑)

お家の買い替え、まずは新築戸建の購入大成功です

青ざめる営業マン

今回のおうちの買い替えにあたって、まずおうちの購入は、素晴らしい新築の一戸建てで契約をさせてもらい、売主様には物件価格のお値引きも頑張ってもらいました(笑)
クーポン券のゲットも頑張りました。ここまでは、とても順調です。

しかしです。
今回は、おうちの買い替えであるので、おうちの売却が成功して初めて、買い替えが成功したということになります。
私を信頼してくれたお客様を裏切ることはしたくないし、友人のS君であれば、余計にそう考えるのが人情というものです。とはいえ、友人であろうとなかろうと、私がお客様の利益を最優先に考えて行動することは、ヤッパリ変わることはなく普遍的なものであります。
ーーーー
S君のおうちの売却のほうは、すぐにお問い合わせはありません。
S君はなんとなく、不安な気持ちが出てきそうな感じになります。
ということで、
S君は仕事が忙しいのに加え、
おうちの売却のお問い合わせがない事、
住宅ローンが一時的に二重払いになるので、
不安マックスになってしまったようです。

・・・S君から電話がありました。

お家の買い替え、売却で不安発生

あちゃ~。これはまずいなあ。S君が不安になっている。まさに不安爆発です。
で、不安になっている理由について、色々と教えてもらいました。

気持ちが落ち込む集団

なるほど、言っていることは当然理解できるし、気持ちもわかります。
私は、プロとして「S君のメリットをなによりも一番」に考えてアドバイスしなくてはいけないし、それが当然の行動だと思っています。それと同時に、「できないこと」も伝えなくてはなりません。

(脱線です)
私の思考である根本部分ができあがったのは、不動産仲介業界に入る前の前職の大失敗によります。
前に働いていた職場(不動産仲介業界ではない)の社長が不動産購入を無理してやった結果、会社の資金計画を大きく毀損させ、倒産までの残り期間である約4年はほぼ休みなく毎日働き、給料も返上して会社につぎ込んだにもかかわらず倒産しました。
その会社で働いていた私は、倒産すると同時に目が輝きました(笑)
(倒産して目が輝くって、ある意味すごい事です(笑))

今思い返すと、その会社ときたら、ブラック企業のお手本なのではないかというくらい、私は異常なほどに徹底して労働しました。
「あしたのジョー(わかるかな?)」ばりに、まさに燃え尽きました(笑)

倒産後まもなくして、不動産で失敗している人がたくさんいるはずだと想像しました。
自分は不動産に関して今は全くの無知だけど、自分が知識を学び、困っている人たちに正しいアドバイスができるようになれば、自分を社会に役立たせることができると考えました。
困っているお客様の気持ちにより沿って、しっかりと対応することで信頼関係を構築し、そして皆さんから後で利を得ることもできる。
これが最も大切だと思ったのです。
まさに一石二鳥です。
(脱線おしまい)

多分1~2時間くらいS君と電話で話しました。
最後には「もういい!」と怒られてしまい、もう取引やめる!くらいに怒らせてしまいました。
自分にもうっかりはあるのですが、私の基本意識は、一貫してS君の利益を考えた発言以外していないつもりなのです。そしてその考え方が、自分を信頼してくれた人に対する正しい対応だと思うのです。
私は思います。
相手の立場に立って、相手のメリットをしっかりと考えて発言し行動をすることは最も大切なことだと思います。

意識・認識の違い

私は、不動産仲介業に従事して長い経験があるので、不動産の見方については、少なくともお客様とは違うはずです。

取引全体を俯瞰して見渡し、どうすればより良いのか、判断することができます。
とはいえ、私も人間ですし、未来のことを完全予測などできるはずはありません。
なので、
・一般的に考えられる方法と、
・より安全な方法と、
・ちょっとリスクはあるかもしれないけどハイリターンを得る可能性のある方法、
といったように、いくつかの方法を示すわけですが、
多くの人は、できるだけ自分の利益が最大化する方法を選びたいのです。

当たり前と言えば、当たり前ですよね(笑)
しかしながら、そうは問屋が卸さないこともあって、何かを取るためには、何かを切り捨てる選択が、時に必要になることは往々にしてあります。

なるほど、納得する営業マン

私は、S君の性格も多少なりとも知っているので、安心を最優先させることが一番適切だろうと思ったわけです。
S君は優しい奴です(笑)
S君は優しい奴だから、たまたま今超忙しい私によくこう言ってくれます。
「無理すんなよ」
「忙しかったら俺のことは後回しでいいよ」
「体壊すなよ」
こんなことを何回も言われると、S君は良い奴だから多少待ってくれるだろう、、、と私は自分に都合よく勘違いをしてしまったわけです。

友人がそういってくれるから、、、と甘えが出ちゃったかなと(笑)
反省が必要な松田です、、、。
怒らせてしまい、そして気分を害することをしてしまい申し訳なかったなぁと思うのでした(笑)

お家の買い替え、不安の解決方法

いそがしい

昨日は、そんなこともあって、夜中の2時過ぎまで仕事やってました(笑)
何とか、この現状を解決しないといけないと思ったのです。

・・・・・翌日にあたる今日、S君から朝一番で電話がありました。
S君から「ごめんなさい」という連絡でした。
「昨日は熱くなってわるかったね。冷静に考えると、ひろちゃん(私の事(笑))のいうことは正しかったよ。ほんとごめんよ。」と電話がありました。

・・・・・こういう連絡をもらえて、素直にうれしかったです(笑)
その時思わず目頭が熱くなってしまった、、、(笑)
ブログを書きながら、またもや目頭が熱くなってしまいます(笑)

昨日の電話では、S君を怒らせている以上、取引の中止は最悪仕方がないし、私が悪いのであれば他の仲介業者さんに売却を頼めばよいだけの事だけど、友人が一人いなくなることを覚悟しなきゃいけないかもしれないと思っていたので、朝の電話はとてもうれしかったのです(笑)

もちろん、私自身も反省すべきこと、改善すべきことがあります。
仕事においては、昨日(と言っても今日の朝2時ころまでかかって)一生懸命に考えた結果、とっても良いアイデアが浮かぶきっかけになりました。
全てのお客様に対し、より不安を解消して不動産取引をしてもらうために、どうしたら良いのか。
かなり考えました。
そしたら、素晴らしいアイデアが浮かびました(笑)
これは、まさにS君のおかげでした。

今回つらい気持ちにもなり、反省もあったけど、とても良い経験にもなったわけです。
雨降って地固まるとは、まさにこのことかなと思います。
お互いに良いところ、悪いところを抱えながら、相手の長所を認め合い、短所は互いに改善しあえる関係って、ほんとベストポジションだと感じました。
と言っても、まだ売却活動は完了しているわけではありませんから、引き続きしっかりと対応をしたいと思います。

落としどころ

ということで、おうちの売却については、私の提案でやってくれるということになりました。

どうやら、今現在売りに出ている物件をいろいろと調べてくれたみたいで、それらを比較したときに、やっぱり私が言っていた感覚がより良いと思ってくれたのです。
私は、昨日の電話では一貫して、S君の利益を考えて提案していることを一生懸命に伝えました。
邪な気持ちなんてこれっポッチもないし、とにかくS君とS君の家族の笑顔のために、何とかしたい!この思いが通じた形になり、それを理解してくれてほんとにうれしく思います。

今日の電話は、久々にほんとうにうれしい気持ちになれました。うひょーっ(笑)

私の業務改善、そして感謝

S君を不安にさせてしまった原因は「私の管理方法」と「お客様へ適宜伝達する仕組み改善」がヒントだと考えました。
この作業って実は結構大変で、メール等では、ものすごい文字数だし、ものすごい時間、作業量と労力がかかります。

なので、この作業をシンプルにし、私とお客様が常に情報を共有できる仕組みを作ってしまえばいいんだと気づかされたのです。
いやいや。
私も、この件については考えてきたんだけど、なかなかいいものが頭に浮かばなかったのですが、この方法なら、自分にもメリットがあるし、お客様にもたくさんのメリットがあると思います。
じつは私が長年抱えていたこの悩みの解決方法を、S君に気づかせてもらえたことに感謝をしました。
あらためて「最後まで任せるよ」と言われ、こういう気付きを与えてもくれて、本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。おぉ、、、目頭が熱くなります(笑)
という、今回もまた本音のお話し、、、(笑)

泣いて喜ぶ男性

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次