MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

不動産相談が増加中、、、【府中市の不動産屋さん】

会議する猫

不動産にまつわる相談が増加中(私は)うれしいです。
でも、、、。
相談者にとっては、全てがうれしいわけではありません。

目次

府中市内の自宅を売却しようか贈与しようか

さて、ある方からご相談がありまして、自宅を売却するか、自分の子供たちに贈与するか。
どっちのほうが良いか迷っているという方がおります。
答えは、どっちが良いと断言はできません。
相談者様の状況に応じて、私の回答は真反対になることがあります。

自宅売却の場合

例えば、自宅の売却をするということであれば、単純に売却だけの作業で済みます。
3000万円特別控除の税制を利用すれば不動産譲渡所得税の支払もありません。
(※適用要件があるので実は熟慮する必要もあります。)

今の不動産価値は、数年前よりも高い価値になっているので、建物の経年劣化があまりにひどくなければ、おそらく購入したときの価格かそれ以上の価格での売却が期待できると思います。
(不動産売却査定では、建物の減価償却を考慮しますが、実際の売却のシーンではそんなことが当てはまらないのです。)

身内に贈与した場合どうか?

贈与をする側は納得しているので問題ありませんが、贈与を受ける側は、もしかすると苦悩するかもしれません(笑)
なぜかというと贈与税が発生するからです。
例えば、基礎控除額等控除後の課税価格が3000万円の価値がある不動産だったとします。
すると、納税すべき贈与税の額はなんと!!!贈与税1085万円です。

うぴょーっ!!

納税する金銭が手元にあれば全く問題ないのですが、納税資金がなければどうするのか、、、。
贈与を受ける側も、ちょっと迷っちゃいますね(笑)
税金として1085万円を税務署に支払うのであれば、贈与者(身内)に売却代金として払ったほうが良いんじゃないかなと思ったりもします。
で、売却が終った後に、合法的にお小遣いでもらったほうがよっぽどいいんじゃないかなとか(笑)

うちの土地、今いくらなんだろう?

今日、たまたまお店の前で出会ったご高齢の男性とご挨拶をしました。

「私はこの先に住んでいるんだけど、今坪200万円くらいかな。」と言われたので、いやいやもっと高くても売れるかもしれませんよ。もちろん規模が大きい場合には減額するかもしれませんけどね。と軽い世間話的な感じでお話しすると、「おぉー!そんなにするのかい」と、びっくりと喜びと混ざっている感じでした(笑)

現在、お住まい中なので、売る(換金する)理由がないわけですが、不動産価格は株と同様で売却をした時に初めて利益確定なので、含み益がある状態では利益はありません。

なので、今後どうしたいのかによって、現状のままが良いのか、売却が良いのか、はたまた賃貸にするのか決まってくるわけです。
皆さんが困った時に相談をいただければ、フラットな意見(アドバイス)をさせていただこうかなと思っています。
とにもかくにも、こういった出会いはうれしいものです。

離婚するかもしれない

今どきは、離婚は日常的によくある話しで、ぜんぜん珍しくありません。
今は3組のカップルのうち1組が離婚するそうなので、お家を購入した後、離婚する可能性がゼロではないわけですから、そういったことも検討しておかないといけません。

え?

縁起悪いって?
いやいや、そんなことはないですよ。
冷静に考えてみてください。
もし、こういった話しが縁起悪くてできないのであれば、生命保険も傷害保険も縁起が悪いってことになってしまいませんか?

万が一の時に、自分や相手が困らないように対策を考えておくことが必要なわけですから、ある程度割り切って考えておいたほうが、柔軟な対応ができるという点では良い事なのです。

で、離婚のときはたいがいは不動産は売却処分になります。
もちろん、片方が住宅ローンを組んで購入することもできるのですが、色々と条件があるので、そのあたりは都度ご相談ください。

親が亡くなったので不動産どうしよう

これもけっこうある相談です。

不動産に関して言えば、まずは相続登記からやるわけですが、相続登記をする前段として、相続人が集まって遺産分割の協議(話し合い)をする場を設けるのが普通です。
相続される皆さんが納得して仲良くできる形で相続財産を分割します。
不動産にからむ税金のことでわからない場合には、当社の相談先の税理士をご紹介します。
相談内容によって対応する税理士が異なりますので、都度適切な税理士を御紹介いたします。

さて、不動産売却査定の根拠を念押しに、、、。

ある土地の売却査定の依頼を受けておりまして、売却することは確実ということなので、色々と調査をしております。調査をした結果、一部の見解が確認する先によって異なっていて、あれれ、、、?もしも間違った調査をしてしまうと、後々建築をする段階になってトラブルになってしまうので、週明けに関係先に再調査をして念押しの念押しをしておこうと思います。

不動産取引は調査がキモなのです。

たまに変わった物件がありまして、どうにもこうにも理解に苦しむ時があるのですが、行政判断でもグレーなものがあるので、ほんとまいっちゃうよなーって思うこともあります。
いずれにしても、間違いがないようにしっかりと対応をしていきたいと思っています。

出会いが増えてうれしい

喜ぶ営業マン

出会いが増えることはとてもうれしい事です。
それだけ、多くの人に役立つことができる可能性が増えるわけですから。

毎日がうれしいです(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次