MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

コロナに罹患してわかったこと【府中市の不動産屋さん】

ウイルス、最近
目次

家族全員でコロナに罹患しました

これはもう笑うしかありません。
家族全員でコロナに罹患しました。これは、とてもラッキーだったと思っています。
ラッキーな理由は、コロナウイルスに感染し病気が発症すると、免疫力を獲得できるからです。

自然感染なので、これ以上、強力な免疫を獲得できる方法はたぶん他にありません。
なので、今回、家族全員がコロナに打ち勝つための免疫力を獲得する準備が整ったわけで、本当に良かったと思っています。
コロナはもう、ただの風邪になってきました。
私の周りにも、たくさんコロナに罹患した人がいます。

以前なら、コロナにかかったということで社会的制裁をくらわされていましたが、これだけ罹患する人が多くなると、もうコロナにかかった人を忌み嫌うことはありません。
だから、コロナにかかったことは胸を張るべきことです。
なぜって、自然免疫力をつける作業に自分が参加し、集団免疫力獲得に貢献したからです。
コロナ罹患は最初から、恥じる事でも何でもないのです。
コロナ罹患は悪だ!みたいに考える人こそが本当のバカなのです。
病気になる仕組み、人とウイルスの関係を理解すれば、認めざるを得ないのですから、素直に受け止めましょう!(笑)

大人が『率先していじめをしている事実』に気が付きました

私、悩み落ち込んでいます

私は、もともと、コロナに感染した人を見て、忌み嫌うことはありませんでした。
なぜなら理論的に考えたらバカでもわかることだからです。

コロナはウイルスであり、マスク、自分の精神力、気持ちでウイルスの感染をコントロールできる人などいないからです。
それなのに、立派な大人がそろいもそろって、PCR陽性者に対しさんざんひどいことを言ったり、コロナに罹患した人は生き方が悪いみたいな態度、マスクをしてない人をさんざん罵倒し、小学生にもマスクを強制するようになり、子供たちは人の表情から、人の考えが読み取れない子にこの数年間立派(?)に成長しました。
こういったことは、メディアに出演していたウソ専門家も質が悪く、メディアも視聴率ばかりを気にしてさんざんコロナで恐怖を煽ってきました。ほんとに社会的に質が悪いです。

これは、大人が他人をいじめることを正当化して、正義という格好で『暴力をふるった行為』です。
それに気づかずにさんざん人をいじめていた人は、今なら自覚はできるのでしょうか。
更には、いまだに自分がいじめに参加していたという自覚すら持たずに、今でもコロナを利用して人をいじめている人がいます。
理論的に冷静に考えれば、ウイルスなど防ぎようがないことがわかっているはずなのに、自分で物を考え行動できない人は、一生、いじめをやめることはできません。
自覚なく人をいじめている人、自覚なく加害者になっている人ほど、困りものです。
自分に非はなく、悪い人のことを攻撃することが『正義である』と思っているからです。

とんだ勘違い野郎ですね(笑)

子供のいじめをなくしたいんだったら、大人が率先していじめをやめたらどうなんだろうと思いますが、そういった部分は自分に都合よく解釈するので、大人って、ホント自分勝手だなぁ、、、と感じることがあります。
まぁ、メディア見てればわかりますよね、大人の精神的レベルは本当に下げまくりです(笑)

大人は『年を取った子供』と言われれるのが良くわかりますね(笑)

子供のコロナは超軽症。数日で熱も引きます

風邪かな

子供たちはコロナに感染してわずか3日くらいで平熱になりました。

薬は一切与えませんでしたが、全く恐れるに足らずです。

ご年配の方で基礎疾患をお持ちの方にとっては、肺炎になると致命傷になるので怖い病気ですが、肺炎にならなければコロナ自体は全く怖い病気ではないと思いました。
肺炎になったら怖い、ただそれだけです。

私のコロナの治し方

考えるおじさん

私は、2日間40度くらいの熱があり、その後3日は38度前後の熱がずっとありました。
一番最初にうっかりカロナールを2錠ほど飲んでしまいましたが、その後は一切の薬を使わず、熱は出るところまでとことん出し切る方法にしました。
せっかく体がウイルスをやっつけようとして体温を上げているのに、薬で熱を下げウイルス繁殖の応援をするようなことは、本末転倒だからです。

新型のウイルスですし、世間一般的に後遺症が残る可能性があるというのですから、徹底的にコロナウイルスをやっつけてやろうではありませんか(笑)
そう思ったので、エアコンも使わず、窓を開けっぱなしで換気をしながら、約5日間は熱と戦いました。
すると、6日目あたりから37度を下回る熱の時がちらほら出始めました。
もう、大丈夫そうです。

今回、コロナウイルスに罹患して一番痛かったのは、のどです。
のどが炎症を起こし、つばを飲み込むたびに激痛が走りました。
あまりの痛さに、涙が出ることがありましたが、最後の砦だと思えば、何とか乗り切ることもできました。

あるお医者さんのサイトにこんなことが書いてありました。

ウイルスが府中駅にいたら、自己免疫力は、府中駅のある一帯の街区をすべて焼き尽くし、
ウイルスがすべて死滅してから街全体を再編をするそうです。
要するに、街をウイルスごと焼き野原にして、
後から、もともとの街を『より魅力的に変化』させるのです。
つまり、大きな病気をするたびに体は進化するというわけです。

なるほど理にかなっているなぁと思いました。
小さい範囲で街を焼くとウイルスが生き残ってしまうことがあるので、大きな街区をまるごと焼き払い、ウイルスを殺し切るという人間が持った免疫本能なんだなと思うと合点が行きます。
そういったことを考慮すれば、薬を飲んで自分を甘やかすのは、自分に対し悪いことをしているんだなぁと思うようになり、今まで損してた感じもしました(笑)
とはいえ、薬を使うことによって症状を軽くする効果はあるので、うまく薬とお付き合いするという事は大切なことですから、やっぱり専門のお医者さんにかかることは大切なことだと思います。要はバランスが大事という事です。

仕事のお問合せもありました

電話する不動産営業マン

コロナで自宅療養中で、お仕事のお問合せもありましたが、それにもしっかりと答えることもできず参った状態です。
1)相続したのでどうしたらよいか
2)所有不動産を買い換えたほうが良いか、賃貸に出したほうが良いか
3)物件の見学をしたい
4)物件をさがしてほしい

その他、諸々ありました。

不動産売買の決済はオンラインで行いました

オンライン対応

昨日、不動産売買の決済手続きがありました。
自宅療養中の私だったので、お客様にご了承をいただき、ZOOMオンラインを利用して、決済手続きをしました。
これは初の試みでしたが、お客様をはじめ、金融機関と司法書士が丁寧に対応してくれたからこそ、無事に手続きを進めることができました。
ホント、皆さんが協力してくれて助かりました。

復活は8月29日より

喜ぶ営業マン

8月29日に、不動産売買決済があります。
ちょうど復帰できる日程だったので良かったです。
翌日も、不動産売買決済があります。
その数日後に不動産売買契約があります。

次から次へと手続きがたくさんあって、ホント休めることはありませんが、たくさんのお問合せがあって、本当にありがたいことです。皆さんにもっともっとお役に立たせていただけるように、仕組みづくりをしていかないといけないかなと思う今日この頃でもあります。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

ウイルス、最近

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次