MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

最近、鬱ingな松田です【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

鬱、ショック
目次

忙しいのは間違いないのだけど

最近、鬱ing(うってぃんぐ)な松田でございます。
昨日、一昨日と不動産売買決済手続きがありました。
●組のお客様にとっても喜んでいただき、松田にとって、とてもうれしい事です。

別れ際に「また困ったことがあったら相談にのってくださいね。」と言われたので、私が思い描いている気持ちがちゃんと伝わっているんだなぁとうれしく思うと同時に、自分なりにしっかりと対応をして良かったと思いました。
私自身、表裏のない正直等身大のアドバイスなので、自分自身が自然体のありのままでいれることもうれしいのです。

先ほど飛び込みのご来店

頭を下げる営業マン

先ほど、飛び込みのご来店がありました。
なんでも、この近辺で駐車場になる土地を購入したいということだったので、湯気が立っている新規案件をご紹介しました。
お客様のご要望とはちょっと用途が異なりますが、将来的なことも含め、購入しておくと良いと思える物件だったので、もしよければ、、、という気持ちでご紹介すると、かなりググっと来たようで、前向きに検討して頂けそうな感じなので、とてもうれしい気持ちになりました。

不動産売買と賃貸の契約、さらに『すごい』相談もあるけれど

大忙しの営業マン

今年10月で10周年を迎えた当社ですが、なんとなく私個人に元気がありません。
なんでかというと私自身に悩みがあるからです。
こんなに悩んでいるのは、もしかすると数年ぶりぐらいかもしれません。
家族のこと、親のこと、新規業務のこと。
色々あって、もう一人では手が回らなくて困っています。
特に新規業務については、今の状況ではまったく進められないので、頭がいっぱいになっております。
あぁ困った。どうしたものか、、、。

自分の描いていることが、思い通りにいかないストレスで全開に参っています(笑)

自分の理想とするところが違うので、、、

鼻水が垂れています(笑)

私が理想とする仕事は、
不動産売買(もしくは賃貸)という人の生活の根幹のサービスを提供すると同時に『人生の丸ごと困ったを正しくウソ偽りなくサポート』して社会に貢献し、人の人生を豊かにすることです。

そのために、組織を作りチームを作らなくてはなりません。
いかんせん今は人が足りず、八方ふさがりになっている状態です。
もし、チームができたとしても、不動産を扱う私が一人だと、かなり無理をしても、おそらく今の2倍くらいの業務が限界だと想像しますので、やっぱり人手が必要です。

私が理想としているところは、不動産取引だけにとどまらず、皆さんの人生を丸ごとサポートすることです。
アイデアだけあっても実行ができなければ絵にかいた餅でしかありません。
実行するために、知り、学び、謙虚かつ積極的に動かねばなりません。

しかし、そんな気持ちとは裏腹に、思い立ったが吉日というように、自由に動けない状況なので、私的には鬱ing状態でございます(笑)

家族のことも

息子は今、高校受験です。中三の2学期期末テスト直前なのでどうも荒れています(笑)
なんかあると、すぐに逃げてしまうというか、集中力が続かずです。
目標を自分で設定してはいますが、私には、その目標に向かっての努力が足りていないように見えてしまい、
親として、息子のあまりの忍耐力のなさに情けなく思うこともありますが、まぁこれからいろんな試練を乗り越えて、苦労をしないと、身に沁みないんだろうなと思う次第です(笑)

小さかった息子が、それなりに自分で考え、行動ができるようになっているのは、成長している証しであるので、喜ばしい事なのですが、壁にぶち当たり協調し反抗しながら、自分で生きるための知恵を身に着けてほしいなと親として思っておりますが、経験値の少ない中三小僧には、こんな親の気持ちなど理解できないでしょうね(笑)

あぁ鬱ですw

ありのままの私

ということで、総合して結論付けると、松田は猛烈に『鬱』状態です。
久々にひどいものです(笑)

やりたいことができず、理想に向かうことができず、気持ちが鬱積しています(笑)
こんな時どうすれば良いかと言うと、目の前のことをわき目もふらず、徹底的に集中してスピードを上げてこなすしかありません。忙しくしているうちに、そんな鬱状態なんて忘れちゃうしね(笑)

ということで、最強鬱状態の松田は、今日もウソなく正直に、ありのままの自分にムチ打ってやる気をだしてます(笑)

鬱、ショック

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次