MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

不動産を買うときの手付金って何?【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

不動産を購入(契約時)するとき、何が必要なのって聞かれますが、いわゆるコレです。
1.手付金(物件価格の5~10%が一般的)
2.収入印紙(契約金額によりまちまちだけど1.5万円が多い)
3.仲介手数料の半金(契約時に半分、決済時に半分支払います)

手付金とは、契約を取り交わしたら、売り主様に預けるものです。
これには、契約した物件につばをつける的な意味合いがあります。
もう一つは契約解除したらペナルティーとしてこの手付金を差し上げることで解除を認めなさい!という意味合いです。これを一般に手付解除といいます。
もし、売主が契約解除を申し出たら、手付金を返してもらい、その手付金と同額を売主様よりもらって契約解除を認めることができます。これを一般に、手付金の倍返しなんて言います。

不動産取引は高額ですから、売主様から見ると手付金を用意できてる人とできていない人とでは、安心感が違ってきます。
実際の実務としては、融資で諸費用込みで借り入れることが可能です。
しかし、手付金は上記の理由から、やはり用意することが望ましいのです。
この手付金が購入する金額と比較してあまりにも低額(たとえば10万円とか)だと、簡単にキャンセルをする人がでてしまい、売主様も安心して契約を行えないこともあります
なので、手付金はある程度の金額を交付する必要性があるのですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次