MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

現地(住戸内)を見ないでいいから契約したい!【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

契約書に押印
目次

電話で、物件見なくても購入したい!

当社で売却委任を受けている府中の●●マンションの広告を見て、電話連絡をいただきました。
「広告に掲載されている府中の●●マンションを見て連絡しました。購入したいのですが、どうしたらいいですか?」
いきなり、こういった電話がくることがあって、驚きとうれしさの気持ちになります(笑)

賃借人様から、グッドタイミングの退去通知です

書類作成

府中の●●マンションは、オーナーチェンジ物件(賃貸中の物件)です。
大家さんを変更するという不動産売買なので「オーナーチェンジ」と言われており、購入者はすぐに住めない物件です。
広告にはオーナーチェンジと明記しているのですが、お問合せを頂いた皆様は自分ですぐに住めるかもしれないという期待もあってか、数か月前よりお問合せを頂いていました。
すでに、そのようなお問合せが数件ありまして、通常であれば、それだけのお問合せがあればご成約に至ってしまうであろう数です。
お問い合せに対しては、賃貸中の旨をお伝えし、且つ退去通知がまだ届いていないので、退去日についてもわからないと伝えていたところ、初回のお問合せから数か月後に賃借人から退去通知がきたのです。
これはナイスタイミングです(笑)

お問合せのあった皆様に退去よていになったことをご連絡をします

電話する営業マン

当社は、売主様より府中の●●マンションの売却委任を受けておりますので、売主様とお問合せのお客様に喜んでいただけるよう皆様に連絡を入れます。

すると、電話を待ってました!と言わんばかりに快くご対応をいただくことができました。
多くの購入検討客様は「住戸が空室になったら退去後の状態で構わないのですぐに見せてほしい。」
そんなご希望でした。
その複数の検討客様の中に、とても積極的な方がおられました。

現地見に行ってきます!

喜びおどる女性

Aさんは、府中の●●マンションから、かなりの遠方にお住まいです。
たぶん、片道だけでも1時間から2時間程度かかるのではないか?と思える距離感です。

Aさんは元々、府中の●●マンションの近くにお住まいだったこともあったそうで、たまたま府中の●●マンションの上階部分にご友人がお住まいになっているのだそうです。
Aさんは言いました。
「今度、その物件の近くまで行く用事があるので、外から現地見てきますので、外から住戸の位置を教えてください。」
私はメールにて住戸の位置を伝えました。
絵もかきました(笑)
そして数日後、Aさんから連絡がありました。

室内の状況はどんな感じですか?

電話する営業マン

「先日、府中の●●マンションを見てきました。実は、●●府中マンションの上階に私の友人が住んでいるので、お部屋を見せてもらったんですけど、室内は友人の住戸と同じなんでしょうか?」
その様なご質問をいただきました。

代表的な注意点は以下の通りです。
・住戸により、若干の仕様が異なる場合があります。理由は、新築当時にオプションをつけていることもありますし、室ごとに室内の印象(カラー等)をあえて変えている場合があります。

・さらに、リフォームは所有者ごとに行いますから、状況が変わっていることがあります。

・賃貸中の物件は、賃借人が室内に傷をつけた場合、原状回復義務が生じるため、通常であれば、丁寧に使っていることが想定できますが、やはり確認をしないとわからないことが多いと思います。

・賃借中ですから、現所有者(売主)様も私も、住戸内をチェックできていないので室内現状については説明ができません。

というところです。

住戸内を見なくても良いので、府中の●●マンションを買いたいです!

やる気満々の女性

「住戸内を見ていないけど、買いたいです。」こんな連絡を受けました。
当然ではありますが、不動産購入申込みを書面で頂かない事にはお話しを進めていくことはできません。

室内の状況を見ていない現段階で良いのでしょうか?と聞くと「いずれにしてもリフォームするから見なくていいです。そのかわり、価格相談はできませんか?」と聞かれました。

私は答えました。

「価格は、売主様の意向と買主様の意向が合意した金額となります。私が価格についての決定権はありませんので・・・・・・・・・です。」

この会話は内緒にしておきます(笑)

まとめ

下を出す女性

本来は、住戸内をちゃんとチェックしてから不動産売買契約を進めるというのが一番良いかと思います。
しかし、物件は一つしかなく、それに対して購入検討をしている方々は複数名いらっしゃいますので、その場合には、こういった住戸内を見ないでも手続きを進めていかなければならないことがあっても不思議ではありません。

実際、マンションの青田買い(完成前にモデルルームで購入を決めてしまう。)なんてことが普通に行われていますから、ある意味では「中古マンションの青田買い」と言えるのかもしれません。
(かなり無理やりな説明です(笑))

最近は、購入した物件をリノベーションしてからお住まいになる方々が本当にたくさんいらっしゃいます。
いろんな雑誌を見ると、とてもすてきなリノベーションで素晴らしいものがたくさんあります。
リノベーションをすることが前提なので、物件の傷汚れ等について多少のことは目をつぶって進めていく。
そんなことがあっても不思議ではありません。

私がこの物件を購入する立場だとしたら、物件の外観、専有面積、立地、予算という条件が満たされるのなら迷わず不動産購入申込みをするだろうなと思います(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次