MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

中古を買ってフルリフォーム?!リフォーム前に把握しておきたい大切なこと!【府中市の不動産屋さん】

中古物件を買ってフルリフォーム
目次

中古物件を買ってフルリフォームしたい!

最近、新築資材の高騰の影響もあるようで、新築戸建・新築マンションよりも、中古の家を買ってリフォームしたいという方が増えているようです。
その中でもフルリフォーム(スケルトンリフォームとも呼ばれる)を行いたいと考えている方も多いです。

当社のお客様の場合、中古マンションを購入すれば、たいていはリフォームされていますし、中には、壁面・天井を全て漆喰塗りにするというこだわりの方もいらっしゃいます。
自分たちが納得できる、こだわりあるお家で過ごしたいと思う方は、リフォームデザインも斬新で、素敵なお家に仕上げられています。
私もそういったたくさんのお家を見るたびに、見た回数だけ感激があります(笑)
ご希望の方には、当社で大工さんを手配させていただいております。
本日はそのリフォーム方法と種類について解説したいと思います。

フルリフォーム(スケルトンリフォーム)とは

リフォーム相談とアドバイス

フルリフォームとは、既存の建造物の骨組みである土台や柱、梁だけを残して解体したところから始めるリフォームのことです。つまり、骨組み状態になるまで建物を壊して、建物をリセットするリフォームが、フルリフォームという事になります。

丸見えになる「骨組み」を、建築用語でいう「スケルトン」と言い換えて、スケルトンリフォームとも呼ばれていますが、つまり「ホネホネロックリフォーム」というわけです。

フルリフォームのメリットは、既存の間取りにとらわれることなく、新しい間取りにすることができ、かつ使い勝手の良い住空間に生まれ変わらせることができます。
ただし、耐力壁という構造上重要な壁を取る場合には、結構厄介になることがあります。

戸建フルリフォームを行ったお客様の事例について

戸建てのリフォームには、家全体のフルリフォームから家の一部のリフォームもあり、予算の兼ね合いで、費用もピンキリです。当社のお客様では、中古マンションのリフォームで1000万円かけた人、700万円かけた人、500万円かけた人、200万円かけた人など、その他多数のお客様がいらっしゃいます。

戸建を購入された方でも、結構なリフォームをされています。

金額の多寡にもよりますが、自分たちの夢をかなえるという目線でリフォームを楽しみながらしている姿はととてもうらやましく(笑)、微笑ましいものです。

小規模フルリフォームと、大規模フルリフォーム

大工さん

小規模なフルリフォームの代表格と言えば「水回りのフルリフォーム」や、家の一部をリフォームする小規模なフルリフォームの事です。
中古住宅購入時には多くの方が水回りのリフォームを実施されます。
特に女性の多くは、他人が使った水回りは交換したいと思われる方が多いと感じます。
キッチン、浴室、洗面所やトイレなどは、家の中でも特に汚れが目立つことが多く、綺麗に使用されていても、年式・型式といった時代が感じられるので、使い勝手の向上と節水のためのフルリフォームに人気があります。

内部フルリフォーム

内部フルリフォームとは、フルリフォームで最も需要の多いリフォームです。
既存の住宅の内部のみ骨組み状態まで解体してリフォームを行うため、新しい間取りも実現できます。

外壁のフルリフォーム

外壁のみを新しくするリフォームです。
外壁の痛みがひどい場合に、外壁だけを新しいものにすることで新築のような美観が手に入ります。
同じ家なのか!!と思うくらい見ちがえます。
外壁を、張り替えて交換する方法と、あえて外壁を残しきれいに塗装をすることでレトロ感のある新築っぽさを演出する事もできます。実は、レトロさを残すリフォームは、けっこう人気があります。

外壁と内部のフルリフォームを同時に行う

内部リフォームと外壁のリフォームを同時に行うフルリフォームは、住宅の内部と外部も骨組みを残して解体しリフォームを行うため、まるで新築のような住宅に生まれ変わることができます。
この方法は、大掛かりなリフォームになってしまうので予算が高くついてしまう場合があります。
※建築基準法の接道要件を満たせず、再建築不可の物件などは、このような大規模リフォームで建物の機能を向上させ、長く生活することができます。

建物構造

内部+外壁+窓サッシのフルリフォーム

内部と外壁のフルリフォームに加えて窓のサッシも変えるフルリフォームは、最も大掛かりなフルリフォームになりますが、最もお勧めです。
窓サッシを変えるケースとは、内部フルリフォームをする上で既存住宅のままの窓の位置がおかしいため、窓サッシも変えなくてはならなくなるケースに施行されます。

また、昨今のサッシ性能(遮音・断熱性能)が著しく向上していますので、交換することでより生活しやすい環境を手に入れるための工事でもあります。

※建築基準法の接道要件を満たせず、再建築不可の物件などは、このような大規模リフォームで建物をきれいにして長く生活することができます。
※フルリフォームの費用は、リフォームの規模と比例しますので、検討される場合には、まずは見積もりをしてみることをお勧めします。水回りのみのフルリフォームなら費用は50万円~400万円ほどですが、それ以外のフルリフォームとなると1,000~1,500万円前後ぐらいの費用をみておくと良いでしょう。
こだわりのリフォームをされる場合には、もう少し費用を上乗せしておくと良いかもしれません。

戸建フルリフォームと、リノベーションの違い

フルリフォームと似た意味で「リノベーション」という言葉があります。
それぞれの意味に明確な規定はないため、各企業の基準で使い分けているというのが実情です。

一般的には、
・新築同様の状態に改築(元の状態に復元)されるのがフルリフォームと言います。
・用途や機能性をアップさせて「性能をより高めるリフォーム」を行うことをリノベーションと言います。

※最近ではリクルート社より、『中古を買ってリノベーション』という雑誌が発刊されていますので、それを見て、リノベーションに興味を持たれる方が増えているように感じます。いろんな雑誌が発刊されているので、夢はますます膨らむ事でしょう。

戸建フルリフォームの坪単価の気になる相場

家

フルリフォームの検討をする上で、一番気になるのがリフォーム費用だと思います。

しかし!
戸建のフルリフォームの相場価格は、残念ながら一概には提示できません。
なぜなら、、、、。
施工されるフルリフォームの規模や、使う建材や工法などによってかかる費用は異なります。

さらに、土地の形状や前面道路幅員等も工事の段取りに影響してくるからです。
(これは、なかなか気が付かないですよね。)と言っても、おおよその坪単価相場を知る方法はあります。

リフォーム業者によっては過去のリフォーム案件を価格とともに公開していることもありますし、経験上だいたいの感覚値というものはベテランの大工さんなら持ち合わせているものです。
といっても、建物ごとに状況が違い、感覚値も過去の事例に基づいたものですから、正確な費用については、現場を見てもらいプロに判断してもらうしかありません。
見積りの言った言わないは最もトラブルになることなので、ちゃんと間違いがないように段取りを組みましょう。

戸建フルリフォームより「建替え」が良い?!

フルリフォームと建替えの違いは、
建築物の骨組みを
1.残す
2.残さない
ということだけです。

戸建フルリフォームでは、土台や柱や梁などの住宅の基礎となる骨組みは残して解体するところから工事が始まり、一方、戸建の建替えは、既存住宅をすべて解体・整地して、新しく家を建てる事になります。

リフォームも建替えも、大掛かりな工事となるため、その工期は戸建フルリフォームなら3か月ほど、建替えなら4~6ヶ月ほどの長い工期の確保が必要になります。

フルリフォームと建替えのどちらにしても、工事費用の相場は決められません。

その理由は、工事内容や設備などによりその費用は大きく左右されるからです。
(※あらかじめ「決めた予算内」で建築する事はできます。)
(※「新築そっ●りさん」みたいな、パッケージ商品であれば、料金は一律いくらと決っていますが、割高だと感じるのは私だけではないような気がします。)

目安とすれば、戸建フルリフォームで少なく見積もっても500万円前後、
水回りや階段などの位置を変えるような本気のフルリフォームとなれば1,500万円ほどの費用がかかることもあります。

建替えなら新築住宅を建てることになりますから、
外構工事等を含めれば、少なくとも1,500万円から3,000万円ほどかかるでしょう。

ご予算、立地、その他諸事情を考慮して、何を優先するかで考えると良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次