MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

最近、経済の話しがおもしろすぎ【府中市の不動産屋さん】

グッドです!
目次

最近、経済の話しが面白いです

最近、経済の話しがほんと面白くて、特にお金の話しがほんと面白い。

世の中をよくするために、どうしたらいいのか的な討論なんかを聞いていると、ものすごく納得できる話で、これは本当に面白いです。
最近は、MMT(現代貨幣理論)というのがあって、私は簿記をやっていたこともあって、すぐにこの理論は正しいと思いました。
リベラル派(これは、話しの流れからすると、現金には限りがあるという考えみたい)という人たちがいて、これはいわゆる家計の話し国に当てはめている考え方のようです。

まぁ、私も最近かじり始めたばかりなので、そんなに詳しいわけではないけど、お金の論理ってMMTという考えが適切だと思えます。

お金は突如発生し、消滅してしまうもの

Q 誰かが、住宅ローンを5000万円借りたとします。
銀行はどこから調達するのでしょうか? 
A 皆さんから預かった預金だと思っている人が大多数だと思いますが、答えはバツです(笑)
じつは、皆さんの通帳に5000万円と印字するだけで完了です。

驚く女性

Σ(・□・;)
なぬーっ!!たったのそれだけ???

そう。それだけなのです。

(銀行員の方たちは知っていると思いますよ。知らないってことはないよね、きっと、、、(笑))
5000万円と記入する代わりに、5000万円貸しましたという借用書を作り、お金を借りた人に交付するのです。

これを万年筆マネー(書いて記帳するだけのお金)と言うそうです。

現金がないのにお金を作れてしまう。
不思議ですね。

支払先に、支払うときは現金で払うのではなく、通帳の金額を相手に移すだけで完了です。
つまり、現金が出てくることはないし、あったとしても、支払いを受けた人はすぐに銀行に預けてしまうので、現金の形でそのまま置いておくことがないのです。

支払いを受けた人もクレジットカードで支払ったり、現金を出したとしてもせいぜい数十万円のはなし。
となると、現金ではなく、お金が動いたという記録だけでよいのです。

さらに!住宅ローンを借りた人の返済が終われば、銀行は借用書を破っておしまい。
つまり、借りた現金はその瞬間に消滅するというわけです。
だって、もともと記帳されて生まれてきただけの現金ですから、その根拠がなくなれば消滅するというのが必然だからです。

つまり、「お金」とは、お金の履歴の記録である。
ということなのです。
目からうろこですね。

なぜ、こんなことができるのかというと、銀行がお金を貸してくれた。
=銀行が貸してくれたということは信用ができる。
=通帳の記録さえあれば、いつでも相手に支払うことができるし、現金を引き出して使うこともできる。
=それが世の中だ。だから安心だ。

という理由で、万年筆マネーは信用があるということなのです。
全ての根本は、信用の上に成り立っているとも言えます。

あれ?家計と国のお金の源泉は違うの?

驚く女性

家計は、一生懸命働いて、労務の提供と引き換えに対価を得ることになります。
これが、自分たちが使えるお金の上限です。

毎月10万円を稼いだら、これが使える上限です。(ここでは税金等の話しは省きます。)
つまり、お金のプールは限度があるという理論です。

でも、国や銀行はちょっと違います。
お金のプールに、自分でお金を増やすことができる蛇口が付いているのです。

そしてお金を減らす栓(ふた)もあるのです。
この発想。ふつうは信じられないし、考えたこともないと思います。
私も想像もしませんでしたが、理論的に簿記の考え方をすれば別におかしくもなんともありません。
できるのです。

それを根本として考えれば、国の財政破綻論もおかしいことです。
だって、お金が刷れるんだもの。
いくらでも作れる。
国債だって全然問題なし。
ハイパーインフレも理論的に全然心配なし。
ここにはいろんな人の話し、意見がたくさんあるんだけど、私は、簿記の考え方からして、国の赤字(負債総額)=国民の黒字(お金等の資産総額)であることは明白だと思います。
国の借金(負債)=国民の自由にできるお金(資産)となります。

だから、国の財政破綻という言葉を変えて、国民の資産増加計画と言えば、みんなどう思うのかな?
絶対に、国の借金賛成!!となるんじゃない?
私は、国の未来のためにも、国の借金(=国民の資産増加)大賛成です。

だったら、お金をもっと刷ってもらって、府中市内の河川工事や府中市内の公共事業をどんどんやって、他の市町村でもどんどんやって、国全体でバブル再来にすれば、今のへんてこな偏った経済は吹っ飛び、みんなの所得は上がっていくのだと思います。
みんなの所得が上がって誰が困るのかな?単純にそう思ったりします。
今、政府が進めている財政健全化は、=国の黒字化なのだから、財政健全化=国民の赤字(国民が自由に使うお金が減る)ことを、国民が推奨しているということになっているのです。

みなさんは、この理屈を知って国の財政健全化に賛成しているのかな?
もしも知っていて賛成しているのだとしたら、これ、ほんと怖いよね。
みんなの目的は、自分の人生を豊かにして幸せになることのはずなのにね、、、。

詳しくは、MMT(現代貨幣理論)を検索すると、いろんなことを言っている人たちがいるので、今現在経済とか政治に関心がない人は、調べてみると良いと思います。

特にユーチューブなどの動画は、ほんとに役立つ。
といっても、片方の意見ばかりではなく、たくさんの意見を聞いて、その中で自分はこれが正しいと思うとか、良いなと思うとか、そういう建設的な意見をもって、選挙にいくなり、みんなとの話題にするなりにすればいいのかなと思います。

ほんとに面白い。
自分が知らなかったことを知り、興味を持てるものがあるだけで、人生はより楽しくなります。
自分の人生、もう折り返しているから、今後の人生をより楽しいものにするために、いろんなものに興味を持つといいですね。
自分が学ぶということは、自分のため、自分の家族のため、そして巡り巡って友人知人のためになることだと思えます。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次